MacでUnityをインストールする方法

この記事ではMac OSを使っているけど、「Unityを使ってみたい!」という方向けにUnityのインストールする方法を紹介しています。

 

  • Unityのインストール方法を知りたい
  • 無料で使う方法を知りたい
  • MacでUnityを使いたい

 

という方は参考にしてみてくださいね。

彩華
ねーねーろんろーん!UnityってMacでもできるのー?

ろん

Mac OSでもUnityは使えるよ!インストール方法を紹介するからインストールしてみてね!

 

スポンサーリンク

ゲームエンジン開発「Unity」とは

12Dや3Dのゲーム開発ができるゲームエンジン

Unity アカウント作成画面

Unityは、2Dや3Dのゲーム開発ができるゲーム開発エンジンです。

 

一般の素人でもゲーム制作をすることができ、製造業や映像制作、アニメーション制作などなど幅広い分野で利用されています。

彩華
今までいろんなゲームで遊んできたけど、Unityを使うとゲームを開発できるようになるんだねー!値段はいくらなんだろう?

ろん
Unityの良いところは個人で非商用だったら無償で使えるっていうことかな。素材もネットで集められるから初心者にとにかく優しいよ!

 

Unityが動かせるPCスペック

ここがポイント

ゲームを開発するというと、「推奨されるCPUスペックも高いのでは?」っと心配になると思います。

より高度な物理演算をしたり、高グラフィックを必要とするようなゲームを作る場合はハイスペックPCと呼ばれるものも必要になります・・

 

しかし、「まずはUnityを触ってみたい」という初心者の方であれば、そこまでハイスペックなPCは必要ありません。ここ最近の10万円〜以上のノートPCでも動かせるでしょう。

 

今回はMacで動かすことを紹介しているので、僕がどのくらいのスペックのMacを使っているのかというと僕はMac Book Pro 15インチ2018年モデルを使っています

 

Macのスペックと購入レビュー記事はこちらで紹介します。

当時はMacを使ってみたくて購入してみたわけですが、数年経った今現在でもMac Book Proは現役で記事執筆から動画編集までこなしてくれています。

 

今ならMac Book airなどでも動かせるくらいのスペックはあると思うので、心配せずに使えると考えて良いでしょう。

彩華
初心者だしそんなに高スペックなパソコンは必要なさそう??

ろん
Mac Book Proは今でも不満は無いけど最近のMacなら安心って感じかな?重い作業をしなければそれなりに動くと思うよ!

 

スポンサーリンク

UnityをDL➡︎インストールする方法を解説

それではここから実際にMacにUnityをダウンロードする方法を紹介していきます。

Macユーザー向けのページがあまり無かったので、僕自身の備忘録のつもりでまとめています。

ダウンロードはここからする

Unity ダウンロードページ

DLページはこちらからどうぞ!

 

赤枠部分の「Unity Hub」をダウンロードします。

DLしたらフォルダを開いてインストールしていきます。

ろん
まずはUnityを使うためのUnity Hubというのをインストールしていくよ

 

インストール方法

Unityのインストール方法

DLしたファイルをダブルクリックすると、上のような画面が開くので赤枠部分「Agree」をクリックする。

これでインストールが開始される。

 

Unity アプリケーション追加アイコン

Macへアプリケーションを追加するためのアイコンがデスクトップに表示されます。

上のアイコンを見つけてダブルクリックしましょう。

 

 

Unity ドラッグ&ドロップ

アプリケーションを追加するための画面が表示するので、「Unity Hub」をドラッグ&ドロップで右側のアプリケーションフォルダに移動します。

 

するとアプリケーションとして「Launchpad」に追加されるので確認してみてくださいね。

 

Unityアカウント登録

Unity アカウント作成画面

続いてUnityのアカウントを登録します。

 

Unityのアカウントは公式サイトより上の画面の右上赤枠部分から登録できます。

クリックしてユーザー情報の登録画面を開きます。

 

ろん
Unityのホームページは画面がよく変わるから場所が若干変わることもあるけど、上の画像のアイコンを探してみてね!

 

ユーザー登録をしていく

Unity アカウント登録画面

ユーザー情報の登録画面です。

 

この画面では

  • Email:メールアドレス
  • Password:パスワード
  • Username:ユーザーネーム(公開される)
  • Full Name:フルネーム

4つの情報を入力します。

 

この中でUserNameのみ他のユーザーに公開されるので、他の人にバレたくないという名前は使わないように注意してくださいね。

 

また、フルネームは本名でなくても大丈夫です。

 

そして下の赤枠部分のチェックは一番下のみUnityから資料を受け取るチェックなので、チェックを外しておきましょう。

 

最後に「私はロボットではありません」にチェックを入れて「Create Unity ID」をクリックします。

 

登録したメールアドレス宛に確認用メールが届きます。

 

メール認証確認をする

Unity メール確認

「Create Unity ID」をクリックすると、アカウント登録で入力したメールアドレス宛にUnityからメール認証が届きます。

 

メールを開くと上のような画像の赤枠部分があるのでそちらをクリックします。

 

ページを開くと、再度「ロボットではありません」にチェックを入れてログインします。

 

Unity Hubの起動

Mac OS 初回確認画面

Unity 初回起動画面

最初にダウンロードしておいた「Unity Hub」をダブルクリックで起動しましょう。

初回のみ「開いてもよろしいですか?」っと確認画面が表示するので赤枠部分「開く」をクリックします。

 

 

Unity Hub 起動

Unity hub 起動

Unity Hubが開くと上のような画面が表示されます。

こちらは中央の青いボタン「Got it」をクリックしましょう。

 

Editorウンロード

Unity Editor ダウンロード

インストールするUnity Editorを選ぶ画面になります。

インストールに必要な容量とパソコンの空き容量が書かれています。

 

パソコンの空き容量を確認して「Install Unity Editor」をクリックします。

 

 

Unity インストール確認画面

赤枠部分をクリックします。

 

 

Unity 確認画面

UnityがMacに変更を加えようとしていますと表示するので、ユーザー名とパスワードを入力します。

  • ユーザー名➡︎Macのユーザー名を入力
  • パスワード➡︎Macの起動時に入力するパスワードを入力

 

入力したら「OK」をクリックします。

これでUnity Hubが起動できたはずです。

ろん
ユーザー名を隠しているけど、ユーザー名は最初から入っていると思うよ!

 

無料版のUnityをインストールしよう!

ライセンス取得

Unity editorダウンロード

続いてUnityのライセンスを取得していきます。

Unity Hubの画面の中から赤枠部分の歯車マークをクリックしましょう。

 

ろん
ライセンスと言っても無料版を使っていくことになるからお金はかからないよ。安心してね!

 

Unyti ライセンス 登録がめん

歯車マークをクリックすると、上のような画面に切り替わります。

赤枠部分「Licenses」をクリックしましょう。

その後、画面右上にある「Add」をクリックします。

 

 

Unity プラン選択

3通りのライセンスパターンが表示されるので一番下の赤枠部分「Free」をクリックします。

 

 

Unity ライセンス取得

赤枠部分「Agree and get personal edition license」をクリックします。

 

これでライセンスを取得できました。

 

Unity2019のインストール

Unity バージョン2019をインストール

続いては、Unity2019をインストールしていきます。

Unityは創作するものの対応しているバージョンをインストールする必要があり、口コミでは2020より2019の方ができることが多い?ようでした。

 

「Installs」の中にある赤枠部分「Install Editor」をクリック。

 

Unity 2019のインストール

今回は「2019.4.36f1」をインストールしたいので、赤枠部分をクリック「インストール」します。

 

 

Unity 日本語に

画面を下にスライドさせると日本語入力するかチェック項目があるので、日本語にチェックを入れて赤枠部分「Continue」をクリックします。

 

 

ろん
日本語にチェックを入れているのに日本語にチェックできないこともある・・。なんでだろうここはわからないので、わかる人いたらTwitterより教えてくれると嬉しいです。。

 

 

Unity インストール画面

赤枠部分にチェックを入れて「Install」をクリックします。

 

ダウンロードとインストールが始まります。

しばらく経つと画面が元に戻ります。

 

これでUnityをMacに導入するところまでを終えました。

ここからは、Unityを使って3Dアバターを使いたいという人向けに「UniVRM」の導入方法を紹介していきます。

 

僕のようにUnityを使ってアバターに小物を付け加えたいとか考えている人は続けて参考にしてみてくださいね。

彩華
待って待って!すでに頭がパンパンなのにまだあるのー?!

ろん
その気持ちはすごーくよくわかる!でもほんの後少しだから頑張ろう!

 

UnityでVRMを使えるようにしよう!

UniVRMをダウンロード

Univrmのダウンロード

検索エンジンを開いて「univrm」と検索し、一番上に出てくる赤枠部分を開く。

 

 

UniVRMのページ

赤枠部分の「UniVRM〜」をクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルはわかりやすいところに保存しておいてくださいね。

 

ここまででアバターを作る準備まではOK。

今回ダウンロードしたpackageはUnityでプロジェクトを新しく使うたびに読み込ませるので、パソコンのわかりやすいところに保存しておいてくださいね。

 

Unityのインストール方法:まとめ

今回はUnityをMacにインストールする方法について紹介してきました。

Unityは個人で非商用で使うなら無償で使えるゲーム開発エンジンです。

 

ネット上に数あるゲーム開発エンジンの中でもダントツでオススメされていて、初心者の人にも嬉しい素材がたくさんあります。

 

ちょっとインストールするまでの導入手順が難しくややこしいのですが、今回紹介したことを参考に導入してみてくださいね。

 

 

Unityが英語表示でどこを操作したらいいかわからない!という人のためにUnityを日本語表示にする方法はこちらで紹介しています。
Unityを日本語表示にする方法!英語を日本語に切り替えてわかりやすく!

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事