Oculus Quest2 電池の交換方法と充電式電池の購入レビュー!

どうもこんにちは!

Oculus Quest2を購入してから1ヶ月が経ち、ゲーム中に「ハンドコントローラーのバッテリー不足です」と表示されることも出てきました。

 

Oculus Quest2本体は毎日充電しているのでハンドコントローラーも充電しないと〜っと思うと充電ケーブルを差し込む穴は見当たりません。

あれ?これ充電できないの?」っと思った方もいるのではないでしょうか。

 

Oculus Quest2のハンドコントローラーは単三電池が左右各1本ずつ入っていて、交換することでまた使えるようになります。

 

しかし、毎回単三電池を買い換えるのも手間だし面倒ですよね。

 

そこで今回は、Oculus Quest2のハンドコントローラーの電池交換方法と僕が購入した充電電池について紹介していきたいと思います。

この記事が参考になる人

  • Oculus Quest2の電池交換を考えている人
  • 電池交換の仕方を知りたい人
  • 毎回単三電池を買うのが面倒に感じている人

Oculus Quest2のハンドコントローラーの電池交換の方法も紹介していくので、コントローラーの電池交換を考えている人は参考にして見てくださいね。

スポンサーリンク

Oculus Quest2 ハンドコントローラーの電池交換方法

コントローラーの握る部分に電池がある

meta quest2 ハンドコントローラー電池の場所y

Quest2の電池が入っている場所は、上の画像の赤矢印部分にあります。

手でコントローラーを握っている部分です。

 

meta Quest2 コントローラーの電池交換

そしてこの部分を拡大してよくみると、小さく矢印のようなマークがあり下にスライドできそうに感じると思います。

上の画像のちょうど赤矢印の部分です。

 

電池交換のためのフタの開け方

meta quest2 電池交換 スライドの方法

ハンドコントローラーのフタの開け方は、上の画像の矢印の向きにスライドさせると開けることができます。

画像はiPhoneを右手で撮影しているのですが、蓋を開けるときはコントローラーの上の部分から親指をフタの真ん中あたりを押さえつつ下に向けてスライドさせると開けやすいです。

 

ろん
画像では左手で持ってるけど、利き手でコントローラーの上から下に向けて持つとやりやすいよ!

 

Quest2の電池は単三電池

meta quest2 コントローラーの電池交換方法

蓋を開けるとコントローラーに入った電池が見えると思います。

Quest2の電池は単三電池ですので、単三電池を+とーの向きを間違えずに入れ替えて交換してくださいね。

 

蓋の戻し方は反対にスライドして差し込むことで元に戻ります。

ろん
電池はぴったりぴったりで入っているような感じだから爪がないと取り出しづらいかもしれない!

彩華
爪はあるよー!ドライバーとか使わないで外せるのは嬉しいかも♪

 

スポンサーリンク

Oculus Quest2用に充電電池があると便利だよ!

Oculus Quest2のコントローラーの電池交換が面倒だなぁと感じている人は、思い切って充電式の単三電池の購入が便利です。

ゲーム中に「コントローラーの電池残量が残りわずかです」って表示が出ているのに、ゲームし続けるのも気分的に嫌ですし、毎回電池を買いに行くって面倒ですよね。

そんな時は家庭で繰り返し充電して使える充電式の単三電池があると、充電が無くなってきたタイミングで充電することで何度でも使い続けることができます。

購入した充電式単三電池

Quest2用に単三電池購入

僕が購入したのはこちらの充電器と充電式エボルタの単三電池がセットになった商品。

 

充電式単三電池が4本と、電池を充電するための充電器がセットになっています。

商品の簡単な説明

  • 一度に充電できる本数は1〜4本!
  • 充電時間は1〜2本なら3時間30分で完了
  • 容量は1950mAh
  • 繰り返し使用回数は1800回
  • 電池一本ごとに充電中と充電完了がわかる
  • 1本ずつ使った分だけ充電できる
  • 誤って乾電池を入れた場合は充電ストップする

一度に充電できる本数は1本から4本まで可能で、1本ずつ残容量を把握して電池の状態に合わせて制御してくれます。

4本同時に充電する場合はおよそ7時間かかりますが、Quest2で使う分の2本なら3時間30分ほどで充電が完了します。

 

繰り返しの充電回数は1800回ほどできるので、毎月1回充電したとしたら1800ヶ月(約5年)使い続けることができます。そのうちに新しいVRゴーグルが販売しそうですが・・。

ろん
僕の場合は家で単三電池を他にも使うから4本充電できるタイプを購入したけど、2本ずつ充電するタイプもあるよ!

彩華
単三電池って結構いろんなところで使うもんねー!普段から使う本数が多いなら4本タイプ、Quest2でしか使わないなら2本タイプって感じで選べそうだね♪

 

Oculus Quest2を長く使って遊びたいなら充電式電池を使おう!

Oculus Quest2 amazon

今回はOculus Quest2のハンドコントローラーの電池交換方法について紹介してきました。

Quest2の電池は手で握っているコントローラー部分に入っています。

 

電池の残量がなくなるとゲーム中にもかかわらず「コントローラーの電池残量が少ないです」っと表示が出るので電池がいきなりなくなるということはありません。

 

しかし、ゲームをプレイしていてちょうどいい場面まで来たのに「コントローラーの電池が無いから先に進めない!」なんてことになったら困りますよね。

 

今回紹介した繰り返し充電できるタイプの単三電池を使えば、電池残量が減ってきたらコンセントに差し込んで充電することで繰り返し使い続けることができます

 

Oculus Quest2を導入してからパソコン以上にログインしている時間も増えたこともあって、ハンドルコントローラーの電池は減りも早くなってきました。

 

毎回単三電池を購入しても良いんですが、電池を最後まで使い切るのって難しいですし、毎回買いに行くのも面倒じゃないですか?

 

買い物に行く手間を考えただけでも充電式の電池を購入する価値はあると思うので、長くQuest2を使う人ほど購入を検討して見てくださいね。

 

 

合わせてよく読まれる記事はこちらもどうぞ!
パソコン不要で使える!Oculus Quest2購入レビュー!今から買っても楽しめる?
Beat Saberはどんなゲーム?Oculus Quest2で遊んでみた感想
clusterをOculus Quest2で遊んでみた感想!VRゴーグルで世界が変わる!

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事