動画にテロップを付ける

今回は、Final Cut Pro Xを使って動画にテロップを入れる方法について紹介していきます!

 

  • 動画に文字を挿入したい
  • 文字の装飾する方法が知りたい
  • テロップを効率的に挿入する方法が知りたい

こんな方は参考にしてみてくださいね(`・ω・´)

 

ろん
動画にテロップなんて必要なの?って人もいると思うけど、同じ動画でも面白くなるかもしれないし、文字を入れてあるだけで「すごい!」って思われるよ!

 

スポンサーリンク

Final Cut Pro Xで動画にテロップを挿入しよう!

Tをクリックしてカスタムを選択しよう!

Final Cut Pro X 動画にテロップを挿入する

まずは、Final Cut Pro Xを開いて左上の赤枠部分「T」をクリックします。

すると、テキストのテンプレートがいくつか表示されるので赤枠部分の「カスタム」をクリックしましょう。

 

Final Cut Pro X テロップをタイムラインに移動する

カスタムを選択し終えたら、ドラッグ&ドロップでテロップをタイムラインに移動します。

 

タイムラインに移動すると、動画のプレビュー画面に「タイトル」と表示されます。

これで動画内にテロップを挿入する準備が整いましたので、早速挿入する文字を入力していきましょう!

 

文字入力は画面右上からできる

Final Cut Pro X 動画に文字を挿入する

テロップとして動画に挿入する文字は、上の画面右上部分から入力することができます。

 

Final Cut Pro X テキスト入力

上の画像の赤枠部分に動画に挿入したい文字を入力します。

 

ここの編集画面では

  • フォントの種類
  • フォントサイズ
  • 文字装飾

などを設定できます。

 

Final Cut Pro X オススメフォント

フォントをクリックすると様々な種類のフォントが表示されますが、例として僕がよく使うフォントを紹介すると、有名YouTuberの方も使用している「ラノベポップ」というフォントがお気に入りです。

 

ライトノベルで使われるようなフォントで、イラストと合わせるだけでラノベっぽくなると言われています!

作成する動画に合うようなフォントを選んでみましょう。

 

*ラノベポップはFinal Cut Pro Xにデフォルトで登録されていないため、自分でDLして使ってくださいね。

 

テロップの文字を装飾してみよう!

Final Cut Pro Xで文字を装飾しよう

文字の入力方法がわかったら、次は文字を装飾してみましょう!

先ほどのテロップ設定画面を下にスクロールすると、上の赤枠部分のような設定項目が出てきます。

 

YouTubeの動画でよく見かけるテロップの装飾は上の画像のような感じではないでしょうか?

文字部分が白で、文字の周りに色がついている感じです。

 

これはFinal Cut Pro Xでどうするかというと、赤枠部分の「フェース」と「アウトライン」を設定することでできます。

 

  • フェース➡︎テキストの色
  • アウトライン➡︎テキストの枠の色

というイメージです。

 

試しにアウトラインを赤色にしてみると

Final Cut Pro X テキストのアウトライン変更

YouTubeの動画の最後に登場させるようなテロップになります。

 

普段からYouTubeを利用している人は、上の画像のようなテロップをよく見かけると思います。

動画の文字が白い文字だけという人は真似をしてみてくださいね!

 

アウトラインの色の太さは、「ブラー」と「幅」を調節することで枠の色を際立たせることができます。

テロップのアウトラインをいじるだけでも印象が変わる!

Final Cut Pro X アウトラインのサイズ変更

アウトラインの赤枠部分「幅」を変更すると、上の画像のように文字の周りの枠の色が小さくなります。

 

上の画像では、幅を4.0に設定しています。

幅を最大にするとこんな感じ

Final Cut Pro X アウトラインの幅を変更

アウトラインの幅を最大にすると上の画像のように文字が強調されます。

文字の色やサイズなどをみながら調節してみてくださいね!

 

ろん
基本的には文字を白でアウトラインに色をつける人が多い印象だね!

 

アウトラインが出てこない時の対処方法

Final Cut Pro X アウトラインが出てこない時の対処法

テキストの設定画面を下にスクロールしたのに、アウトラインとかフェースの設定画面が表示しないんだけど?っていう人は、上の画像の赤枠部分「表示」をクリックしてみてください。

 

クリックすると、先ほどの設定画面が表示します。

動画プレビューを確認しつつ挿入する文字を入力&装飾してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

挿入したテロップの位置やサイズを変更しよう!

テロップの位置の変更やサイズの変更は変形からできる!

Final Cut Pro X テロップの位置を調節する

タイムラインに追加したテロップの表示位置を変更するには、上の画像の赤枠部分「変形」をクリックするとできるようになります。

変形は赤枠部分の左上をクリックしてくださいね。

 

Final Cut Pro X 文字の移動する方法

変形をクリックすると、テロップの移動やサイズの変更ができるようになります。

上の画像のように白い枠部分をドラック&ドロップでテロップを移動することができるので、文字を表示したい場所へ移動してみてください。

 

ろん
この方法は文字だけでなく、挿入する画像や動画でも同じ方法で移動できるからよく覚えておこう!

 

テロップのサイズを変更しよう!

Final Cut Pro Xテロップのサイズを変更

テロップのサイズ変更の方法は、先ほどの変形をクリックした状態で上の赤枠部分を左クリックしたまま動かすことでサイズ変更ができます。

 

上の青い点部分を引っ張るイメージで動かすとサイズの変更ができます。

文字の周りの白枠部分が大きくなったり小さくなったりするので、とりあえず最大にしておきましょう。

 

この枠の中で好きな場所に文字が動かせるようになります。

Final Cut Pro Xで文字のサイズを変更する!

枠のサイズを最大まで大きくしたら、Final Cut Pro X画面右側にあるテロップ設定画面から「サイズ」を変更していきます。

 

上の赤枠部分の▼部分をクリックしたまま左右に動かすことで文字のサイズを変更することができます!

ろん
これでテロップの挿入方法と、位置の変更、サイズ変更までできるようになったはず!

 

効率よく動画にテロップを挿入していく方法

テロップはコピペで設定を引き継げる!

Final Cut Pro X 効率よく挿入するには

テロップを動画内に挿入していく場合、何度も今までの設定を繰り返していくのは非常に面倒ですよね。

Final Cut Pro Xでは、一度作ったテロップをコピペすることで複製することができます。

 

テロップの複製する方法は

  • キーボードの「Command」+「C」でコピー
  • キーボードの「Command」+「V」で貼り付け

になります。

 

テロップを複製すると、今まで設定してきた

  • 文字サイズ
  • フェースのカラー
  • アウトラインのカラー

を引き継ぐことができるので、挿入するテキストの入力を変更するだけでOKです!

 

ろん
複数の色のテロップを使う場合には、特定の色のテロップだけを最初から最後まで挿入すると効率よく編集できるよ!

 

まとめ:動画にテロップを挿入して面白い動画を作っていこう!

今回は、Final Cut Pro Xを使って動画にテロップを挿入する方法について紹介してきました!

 

今回覚えておくこと!

  • 「T」をクリックしてテロップのテンプレートを表示する
  • テンプレート内から「カスタム」を選択
  • 「ドラッグ&ドロップ」でタイムラインに挿入
  • サイズの変更などは「変形」から設定できる
  • 何度も繰り返して挿入するときはコピペで複製できる

 

動画にテロップを挿入することで、動画の面白い部分を強調できたりします。

 

YouTubeようの動画を作るならテロップの挿入は、有名YouTuberの動画を見ていると必要不可欠になってきている印象もあるので、動画編集をしていくならマスターしておくと良いと思います。

 

Final Cut Pro Xを使って動画に文字入力を考えているという人はぜひ参考にしてみてくださいね(`・ω・´)

 

 

このブログでは他にもFinal Cut Pro Xの使い方を紹介しています。

 

このボタンから記事一覧へ移動できますので、他にもFinal Cut Pro Xの使い方を知りたい人は覗いて行ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事