オリックスの株主優待・配当金・配当性向

どうもこんにちは!
金融資産が1000万を突破して、日々給料のほとんどを株式投資に注ぎ込んでいる、ろんです!

 

ここではオリックスについての

  • 配当金
  • 株主優待はあるのか?
  • 配当性向はどうなの?

ってことを紹介しています。

 

配当金や配当利回り、配当性向は僕が株式投資をするにあたって重要視する部分になるので、今後株式投資をする方は絶対にチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

オリックスの配当金・配当利回り・配当性向は?

配当金と配当利回りについて(2023年予想)

株価(2024年1月1日) 2656円
配当金(1株配当) 94円
配当利回り 3.54%

 

ろん
一般的な上場企業の配当利回りは東証一部で1.8%とされています。配当利回りが3%を超えると高配当銘柄とも言われることもあります。

 

 

配当金とはなんですか?
株式を保有していると分配される現金配当のこと。株式を保有して権利確定日に持っていると、株式数に応じて配当金をもらうことができます。

 

過去の配当金実績

・2024年3月期:94円(予想)
・2023年3月期:85.6円
・2022年3月期:85.6円
・2021年3月期:78円
・2020年3月期:76円
・2019年3月期:76円
・2018年3月期:66円
・2017年3月期:52.25円
・2016年3月期:45.75円
・2015年3月期:36円
・2014年3月期:23円

 

オリックスの過去の配当実績です。

過去の配当実績を見ると、ほぼ右肩上がりで配当を増配しています。

 

2024年の配当も増配を予定していて94円と大幅にアップしています。

過去の実績からも早い段階で株を保有しておくことで、将来的に利回りアップすることができそうです。

 

配当性向はいくつ?

オリックス 配当性向2023

出典

オリックスの配当性向は37%です。

一般的な企業の配当性向は30〜40%なので、平均的な配当性向かなと思われます。

 

配当性向とはなんですか?
会社の利益からどれだけ配当金を出しているかという指標。100の純利益に対して30を配当として出しているなら配当性向は30%ということになる

 

スポンサーリンク

オリックスの株主優待は?

オリックス株主優待 カタログギフト

オリックスの株主優待は、カタログギフトから全国のグルメやスイーツ、お土産グッズを選べるふるさと優待です。

 

株主優待銘柄としては非常に人気の優待で、Twitterでは「オリックスから株主優待が届きましたー!」とツイートする人も多くみられます。


ただ、こちらの優待は2024年分の優待を最後に、株主優待を廃止予定です。

これから保有することを考えている人は注意してくださいね。

 

こちらの記事でオリックスの株主優待を詳しく紹介しています。
オリックスの株主優待はいつ届く?株主優待の内容を紹介!

企業情報

オリックスは常に新しいビジネスを追求し、先進的な商品・サービスを提供する金融サービスグループです。 1964年にリース事業からスタートして隣接分野に進出し、現在では法人金融、産業/ICT機器、環境エネルギー、自動 車関連、不動産関連、事業投資・コンセッション、銀行、生命保険など多角的に事業を展開しています。

 

コメント

今回はオリックスの配当金や配当実績・株主優待について紹介させていただきました!

オリックスは僕自身も保有している銘柄で、毎年株主優待を楽しみにしています。

 

配当利回りも3%後半を維持しており、高配当株としても人気があります。

2024年の株主優待を最後に株主優待を廃止するとのことですが、今後は配当として株主還元してくれるそうです。

配当金が増額されると利回りもアップし株価も上昇すると予想されるので、今のうちに保有しておくとさらにたくさんの配当をもらえることになるかもしれません。

 

これからオリックスを保有しようかなと考えている人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事