セラミックヒーターNBC004購入レビュー!本当に暖まるの??

テレワークもあってお家時間が増えるこ冬のお供にセラミックヒーターを購入しましたので、早速レビューしていきたいと思います。

 

  • セラミックヒーターの購入者の感想を知りたい
  • 本当に暖まるのか知りたい
  • どんな使い方がオススメなのか知りたい

こんな人に向けて紹介していきます。

 

これからセラミックヒーターを購入しようかなっと考えている人は参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

セラミックヒーターを購入した理由

ストーブは置けない・・だけど足元がとにかく寒い!

僕がセラミックヒーターを購入した理由は、ストーブは置けない部屋だけど足元がとにかく寒いことです。

我が家は昔から部屋の中で犬を飼っていたこともあって、部屋にストーブを置く週間がありませんでした。火を扱う暖房器具は火事の心配もありますし、暖かくても部屋で使うのは躊躇していました。

 

暖房だと暖まるまでに時間がかかる

そして部屋に暖房があるのですが、暖房だと部屋が暖まるまで時間がかかります。

我が家の暖房が古いというのもあるかもですが、10〜20分で部屋が暖かくなることはありません。

 

しかも暖房で部屋が温まったとしても、顔ばかり暖まってしまって足元って寒いんですよね・・。

どうにかして足元を温めたかったのです。できるならスイッチを入れてすぐにです。

 

軽くて持ち運びがしやすい

暖房器具ってハロゲンヒーターとかオイルヒーターとかありますが、どうしてセラミックヒーターを選んだのかというと「軽くて持ち運びしやすい」ことも理由の1つです。

 

我が家では小さな子供がお風呂に入るとき、脱衣所が寒くて女性たちから「この寒さなんとかして!」と言われることもありました。軽くて持ち運びがしやすいセラミックヒーターなら寒い日には脱衣所に持っていき寒さ対策ができるんじゃないかと考えて購入しました。

 

スポンサーリンク

購入したセラミックヒーター「NBC004」レビュー!

セラミックヒーターNBC004NT

僕が購入したセラミックヒーターは「NBC004NT」と呼ばれる品番のセラミックヒーターです。

みんなが大好き安い中国製品ですね。

楽天で見つけて値段も5000円以下だったので購入しました。

 

外観レビュー

セラミックヒーター外観

箱から出した瞬間のセラミックヒーターです。

購入したカラーは「ナチュラル」の凹凸タイプです。

セラミックヒーターのサイズ

  • 高さ:33cm
  • 横幅:24cm
  • 奥行き:11.5cm
  • 重さ:約2kg
  • 電源コード:1.5m

セラミックヒーターのサイズは高さ33cmなので、思っていた以上にコンパクト。

 

横幅は24cmということで靴のサイズ(女性向け)くらいかなと言ったところ。

 

セラミックヒーター外観レビュー

若干斜め後ろに倒れていて、メインスイッチと電源コードが出ています。

上部には持ち運ぶ時用の手を入れるスペースがあります。

 

セラミックヒーター購入レビュー スイッチ類

本体の上部分には各種操作スイッチがまとめられています。

各種スイッチの説明

  • 入/切:電源スイッチ
  • パワー切替/強弱切替スイッチ
  • 運転切替/連続使用・センサー使用
  • 送風/風だけを送るスイッチ

購入したセラミックヒーターは「弱モード(600W)」と「強モード(1200W」の2つのモードが搭載されています。

長時間使っていて暖まってきた時に弱に切り替えられるのは嬉しいですよね。

 

また、運転切替では「連続使用」と「センサー」の2つが選べるのですが、連続使用のままだと5時間後に自動で運転を停止してくれます。昔使っていたハロゲンヒーターには自動で運転停止するという機能がなかったのでこの辺は消し忘れがなくなるのでありがたい

 

セラミックヒーター センサー

本体前面にある赤枠部分は人感センサーになっていて、前後左右90度に人の気配があるかどうかを検知してくれます。

センサー距離はおよそ3mで、人がいなくなった時には90秒後に自動で電源OFFになります。

 

こちらも自動で運転を停止してくれる機能なので消し忘れの心配もなくなりますし電気代の節約に繋がる機能になりそうです。

電源を入れてみた!本当に暖かくなるの?

スイッチを入れたらすぐに温風が出てくるが・・

セラミックヒーター スイッチ入れてみた

セラミックヒーターの電源を入れて早速暖かさをチェックしてみます。

連続使用で600Wと1200Wで試してみた感想を紹介すると、スイッチを入れた瞬間に暖かい風が出てくるというのは本当でした!

 

セラミックヒーターは温まる?

電源を入れた瞬間から前面の吹き出し口から暖かい風出てきます。

しかし電源を入れて思ったことは「あれ?風量弱くない??」と思いました。

 

どのくらいの風量で暖かい風が出てくるのかというと、吹き出し口から30〜40cmくらいまでは暖かい風が出てくるかなーという感じ。

本当はもっと勢いよく出てくることを想像していただけに風量が思っていたより弱くて驚きました・・。

イメージでいうと、旅館とかホテルに備え付けられている風量の弱いドライヤーが稼働しているイメージですw

 

届いた商品を楽しみに電源を入れて使ってみたら「温風は出てるけど風量が弱いな」とは誰もが思うはず・・。

 

風量が弱くても暖かさはしっかりある

風量が弱いんじゃ使えないじゃん」というとそうでもないです。

温度計で測ったわけじゃないですが、温風の吹き出し口を足の側に置いておくと熱いくらいの温風が出続けます。

 

セラミックヒーターを設置したお部屋は六畳のお部屋なんですが、15分くらい稼働させておくと部屋自体の温度も上がってきます。

狭い脱衣所で使うことを考えると十分な暖かさがあるんじゃないかな。

もともとセラミックヒーターは部屋全体を温まるというより、部分的に温める商品ということを考えると冬の寒さ対策としては十分なのかもしれません。


セラミックヒーターを使うのに適した場所

セラミックヒーター外観

密閉された狭い部屋か、足元における場所で使おう!

セラミックヒーターを購入するとき、よく考えて欲しいのは使う場所です。

セラミックヒーターは温風を出して部分的に暖めてくれる暖房器具ですので、風通しの良い場所で使うのには向きません。

 

昔ながらのお部屋に住んでいて風通しが良い場合には、セラミックヒーターを使ってもあまり恩恵は得られないと思います。使うなら密閉された風通しがない部屋一択です。

 

また、暖房が無いからセラミックヒーターを使って部屋を温めたいと考えている人にも向きません。サイズ的にもとってもコンパクトなセラミックヒーターですので、部屋全体を暖めるのはきつすぎます・・。

 

使うならデスクワークで足の寒さが気になる人が、足元に置いて足に直接温風を出したり、狭いトイレや脱衣所での使用が向いていると思います。

セラミックヒーターの魅力

セラミックヒーターは、非燃焼形暖房器具の1つで内蔵された発電体に電圧をかけることで発熱、そこにファンによって風を送り込むことで熱風を出す電気製品です。

 

燃焼形ストーブとの違い

  • 燃料を使わない
  • 一酸化炭素中毒にならない
  • 小型化されているので持ち運びも簡単
  • スイッチONですぐに温風が出る

セラミックヒーターは燃料を使わずに電気の力だけで温風を出してくれます。

燃料を燃焼するストーブとの違いは、火を出さないのでお部屋を喚起していなくても一酸化炭素中毒にならないというメリットもあります。

 

また、本体はかなり小型化されているので持ち運びも簡単。

重たいストーブを物置から持ってくるなんてこととはおさらばの商品です。

しかも、小型化されているのに本体のスイッチを入れてすぐに温風が出るのもセラミックヒーターの良いところです。お風呂の脱衣所やトイレにも設置して冬の寒さを和らげて使う人も多いでしょう。

 

購入したセラミックヒーター8つの魅力!

セラミックヒーター8つの魅力

  • 電源ONから1.5秒で温風が出てくる
  • サーモスタット機能で温度を自動で制御
  • 転倒防止
  • 人感センサー内蔵でecoになる
  • 電流ヒューズ制御付き
  • 温度ヒューズ制御で安心
  • 選べるカラーバリエーションが豊富

 

セラミックヒーターの魅力は、なんと言っても電源を入れてからすぐに温風が出てくることです!

スイッチを入れてから1.5秒ほどで温風が出てくるので、スイッチをONにして吹き出し口に手を持ってくる間には温風が出てきます。

 

これが寒い冬の脱衣所やトイレでセラミックヒーターを使いたいと考えている大きなメリットです。

風量がちょっと弱い・・」と思っていても、15分も稼働させていたら狭いお部屋なら暖まります。

 

また、転倒防止機能やチャイルドロック機能があるのも火事の心配を減らしてくれる嬉しい機能です。今回購入したセラミックヒーターはチャイルドロック付きを選んでいませんが(売り切れだった)、小さなお子さんがいるご家庭だとこの2つの機能はありがたいと思います。

寒くなってからだとチャイルドロック付きや好みのカラーのセラミックヒーターが売り切れることがあると思うので、購入は早めがオススメです。

セラミックヒーターって電気代が高い?

セラミックヒーターの電気代は1時間30円ほど

電気代は契約している電力会社やプランによって変わってくると思いますが、1200Wの強モードで1時間30円ほどです。

 

暖房を使った場合は17〜20円くらいなので、セラミックヒーターの電気代は若干高めです。

 

1ヶ月の電気代シミュレーション

一日の使用時間 1ヶ月(30日)の使用時間 電気料金(30円の場合)
3時間 90時間 2700円
5時間 150時間 4500円

 

セラミックヒーターを1ヶ月使ってみた場合のシミュレーションをしてみました。

トイレや脱衣所ではなく、お部屋で使った場合を想定していますが1ヶ月の電気料金はこんな感じです。

 

毎日使うかは住んでいる地域によって変わると思いますが、個人的には毎日3時間くらいまでなら我慢できる範囲かなと思っています。寒いのは嫌だしね。

 

セラミックヒーターの購入時の参考にしてくださいね。

 

セラミックヒーター購入レビュー!:まとめ

今回は寒い冬のお供にセラミックヒーターを購入しましたのでレビューさせていただきました!

 

軽くて持ち運びが出来て、転倒防止機能や人感センサーがついていて便利だから買おうと思って購入しましたが買って良かったと思っています。

僕の場合は、お部屋が南側なので晴れた日なら部屋は暖かいんです。

 

ただ夜は非常に寒いので暖房をつけていたんですが、足元が寒かったんですよね・・・

夜にパソコン作業をする僕のような人には足の寒さは作業効率低下にもつながりますし、なんとかしたいというのが購入の理由でもあります。

 

セラミックヒーター購入してすぐは「風量弱すぎ!」と思っていましたが、足元において使ってみると「こんなもんか」と思うようになりましたね。部屋全体を温める暖房器具ではなく部分的に温めるんだと思えば十分な能力です。

まだまだ寒い日は続きますし、来年以降も大切に使っていくつもりなので大事に使っていきます。

 

セラミックヒーターの購入を考えている人の参考になればと思います!^^

 

今回購入したセラミックヒーターはこちら

僕の購入したセラミックヒーターのリンクです。

いろいろなメーカーからセラミックヒーターが出ていてどれにするか迷う!という人は参考程度に覗いてみてくださいね。

 

 

ここまで読んでくれた方ありがとうございました!

 

他にはこんな記事が読まれています!
【在宅勤務】テレワークの寒さ対策グッズをまとめてみた!【グッズ】
暖炉型電気ストーブの評価・口コミは?電気代は高めってホント?
冬のお風呂場が寒い!工事無しでできるお風呂場の寒さ対策はある?

 

 

普段使っているスマホに入れておきたい便利なアプリも紹介しています!

 

 

 

このブログの最新記事はこちらからみることができます!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事