Capcutで動画にクロマキー素材を合成する方法

今回はスマホ向け動画編集アプリ「Capcut」を使って、動画素材にクロマキー素材を追加して合成する方法を紹介します!

 

この記事が参考になる人

  • 動画にクロマキー素材を合成したい
  • クロマキー素材の背景を透過したい
  • クロマキー素材の上手な使い方を知りたい

こんな悩みを持っている方に向けて紹介していきたいと思います!

 

 

ろん
クロマキー素材って何?

彩華
クロマキー素材を動画に追加すると、背景部分を透過して動画に合成できたりするんだよー♪

 

 

その他Capcutで真似したい便利な編集方法はこちらで紹介しています。

 

スポンサーリンク

Capcutで動画にクロマキー素材を合成するには

動画素材にクロマキー素材をはめ込み合成する

capcutはめ込み合成

まずはCapcutを起動して「新しいプロジェクト」➡︎動画素材を追加します。

ご自分の好きな動画素材を読み込んでくださいね。

 

プロジェクトに動画が追加できたら、赤枠部分「はめ込み合成」をタップします。

 

 

capcut はめ込み合成で動画を追加する

はめ込み合成をタップすると、スマホに保存された動画・写真から追加したい素材が一覧で表示されます。

 

今回は動画素材を追加したいので画像左上にあるハートのクロマキー素材をタップして追加していきます。

 

 

capcutにクロマキー素材を追加する

動画にクロマキー素材を追加することができました。

capcutのレイヤー部分に元の動画クリップとクロマキー素材が2つ重なったと思います。

 

ハートが動く動画素材ですが、この動画素材の背景部分を透明にして合成していきますよ!

 

クロマキー素材の背景を透明にする!

capcut クロマキー合成する方法

クロマキー合成したい動画を選択したまま、下のメニューバーを右にスライドします。

赤枠部分「クロマキー」を見つけたらタップしましょう。

 

capcut 動画素材をクロマキー合成する

まずは「カラーピッカー」を透明にする部分を読み込ませます。

 

上の画像のような丸い輪みたいなのが表示されるので、透明にしたい部分にタップして移動しましょう

 

この丸い輪が読み込んだ色を透明にしてくれます。

 

capcut クロマキー合成 濃度の調整

「濃度」という部分をタップすると、その上にカラーピッカーで読み込んだ色のみを透明にするバーが表示されます。

 

バーを右にスライドすることで透過したい色を透過できますよ。

 

capcut クロマキー 濃度調整

濃度を54にすると、クロマキー素材の緑背景が透明になりました。

 

素材によって若干誤差はあると思いますが30を超えたあたりで透明になりました。

 

 

クロマキー合成で追加した素材は好きな位置に移動できるよ!

capcut クロマキー素材の場所を移動する

クロマキー合成で追加した素材は、動画の画面内で好きな位置に移動することができます。

動画素材をタップしたまま移動したい場所へスライド移動することで動画素材を移動できます。

 

同じ操作を繰り返しすることで動画素材内にハートを量産することもできます。

クロマキー合成を使うことで、動画編集の幅も広がるので色々試してみてくださいね!

 

彩華
クロマキー合成ができるようになると、動画編集のレベルも上がったように見えるから習得してみてね♪

 

スポンサーリンク

クロマキー素材の上手な使い方

cpucut クロマキー合成のアイディア

上で紹介した方法は、元の動画にクロマキー合成することで動画を追加する方法を紹介しました。

 

ここからは、クロマキー素材をメインに使いつつさっきの猫ちゃんの動画をクロマキー合成して、上のような映像を作る方法を紹介します

 

TikTokでよく見かける、写真立てのなかに映像を映したい時などに使えので覚えておきましょう!

 

クロマキー素材をメインに使う

capcut クロマキー素材の使い方 例

こちらのクロマキー素材を使っていきます。

緑部分をクロマキー合成にして、さっきの猫の動画素材を表示します。

 

新しいプロジェクト➡︎「猫動画を追加」➡︎「はめ込み合成でクロマキー素材を追加」します。

 

レイヤーで見ると

①猫動画

②クロマキー動画

の順番で動画を並べます。

 

猫の動画にクロマキー素材をはめ込み合成する

capcutはめ込み合成

またまた猫に登場してもらい、ここから上で紹介したクロマキー素材をはめ込み合成していきます。

 

追加した動画素材のサイズを調整する

capcut クロマキー素材のサイズを調整する

動画を追加したら、追加した動画のサイズを調整してみましょう。

2本指で広げて、素材のサイズを大きく広げてくださいね。

 

 

クロマキー合成していく

capcut クロマキー

capcutの下にあるメニュー一覧を右にスライドさせて赤枠部分「クロマキー」をタップします。

 

今回は、後ろに猫の動画があるのがわかるように、クロマキー素材を少し小さくして背景が見えるようにしておきます。

 

capcut クロマキーのアイディア

先ほどと同じようにクロマキーで透過したい色を「カラーピッカー」に読み込ませましょう。

 

今回も動画素材の緑部分を読み込ませるので、読み込ませたい色の部分に移動させます。

赤矢印部分ですね。

 

capcut クロマキー 濃度

緑部分が透明にするためには、「濃度」をタップしてバー後右側に動かします。

緑の部分が透明になると後ろにある猫が見えるようになったと思います。

 

 

capcut クロマキーアイディアを紹介

猫の動画素材をクロマキー合成して透明になった部分に移動して、手前のクロマキー素材のサイズも調整してみました。

 

こうすることで、枠内に猫の動画を合成したような動画を作ることができます。

 

クロマキー素材を追加すると動画に素材が増える方向に考えがちですが、こういった合成方法も知っておくと動画編集の幅が広がりますのでぜひ覚えてみてくださいね^^

自宅でクロマキー動画を撮影するには

撮影用背景布を使う



撮影用の背景布です。

 

モデルさんの撮影などで使われる背景布で、自撮り撮影やzoom会議する時にも使えます。

 

もし自分でクロマキー素材を作りたいときは使ってみてくださいね。

クロマキー合成のやり方を覚えて動画編集レベルをアップさせよう!

今回はCapcutを使ったクロマキー合成をする方法を紹介してきました!

クロマキー合成を使うことで、家の中にいるのに背景だけ南国にすることもできるので映像編集にこだわりたい人は試してみてください^^

 

 

 

合わせて読まれている記事はこちらもどうぞ!
【capcut講座】動画にBGMを追加する方法!マイミュージックから音楽の抽出もできる!
【capcut講座】動画に文字を入れる方法!アニメーション効果も追加できる!
Capcutで動画の1部分にモザイクをかける方法
【capcut講座】動画の書き出し保存方法の紹介!編集した動画を書き出そう!

 

 

 

その他このブログではCapcutの使い方を紹介しています。

こちらから読むことができるので興味のある方はチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事