コメダホールディングス 配当金 配当性向

どうもこんにちは!
金融資産が1000万を突破して、日々給料のほとんどを株式投資に注ぎ込んでいる、ろんです!

 

ここではコメダホールディングスについての

  • 配当金や株主優待はあるのか?
  • 配当性向はどうなの?

ってことを紹介しています。

 

これから投資しようとしている銘柄の配当金や株主優待について知りたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメダホールディングスの配当金・配当利回り・配当性向は?

配当金と配当利回りについて

株価(2024年1月1日) 2745円
配当金(1株配当) 53円
配当利回り 1.93%

 

ろん
一般的な上場企業の配当利回りは東証一部で1.8%とされています。配当利回りが3%を超えると高配当銘柄とも言われることもあります。

 

 

配当金とはなんですか?
株式を保有していると分配される現金配当のこと。株式を保有して権利確定日に持っていると、株式数に応じて配当金をもらうことができます。

 

過去の配当金実績

・2024年2月期:53円(予想)
・2023年2月期:52円
・2022年2月期:51円
・2021年2月期:39円
・2020年2月期:51円
・2019年2月期:50円
・2018年2月期:50円
・2017年2月期:50円
・2016年2月期:0円(未上場)
・2015年2月期:16.7円(未上場)

コメダホールディングスの過去の配当金実績です。

 

コメダホールディングスは年間で1株あたり50円ほどの配当金を出し続けてくれています。

2021年にコロナの影響からか売り上げが落ちて配当金も減ってしまいました。

しかし翌年には配当金51円に増配してくれて、毎年安定的に配当を出し続けてくれています。

 

配当金利回りは決して高くはないものの、安定的に配当金を出してくれるので僕も保有し続けている銘柄です。

 

配当性向はいくつ?

コメダホールディングス 配当性向

出典

 

コメダホールディングスの配当性向は44.2%です。

一般的な企業の配当性向は30〜40%なので、若干高めな配当性向かなと思われます。

 

配当性向とはなんですか?
会社の利益からどれだけ配当金を出しているかという指標。100の純利益に対して30を配当として出しているなら配当性向は30%ということになる

 

スポンサーリンク

KDDIの株主優待は

コメダ珈琲の株主優待

コメダホールディングスの株主優待は、繰り返し使えるプリペイドカード「KOMECA」です。

100株以上保有することで、年2回1000円分のポイントをチャージしてくれるというものになります。

 

日頃からコメダ珈琲を利用するなら持っておきたいKOMECAカードですが、株主になるともらえるKOMECAに年2回の1000円分(合計2000円)をチャージしてくれます。

 

コメダは僕もよく利用するしますが、モーニングセットが500円です。

年間2000円分のポイントがもらえるとモーニングがさらにお得になります。

 

コメダホールディングスの株主優待についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
コメダ珈琲の株主優待はいつ届く?隠れ優待も忘れずにもらっておこう!

企業情報

コメダホールディングスは、「コメダ珈琲店」や「甘味喫茶 おかげ庵」などを運営している会社です。本社のある愛知県を中心に店舗を展開していて、現在では全国に800を超える店舗を構えています。」

 

コメント

今回はコメダ珈琲で使える便利なプリペイドカードが株主優待でもらえる「コメダホールディングス」を紹介させていただきました!

 

コメダホールディングスの株価はコロナの時に1400円ほどまで下落したものの、ここ最近は20万円を超えてコロナ前に戻ってきました。

配当金も高配当とは言えないものの高い部類では無いかと僕は思います。

何よりコメダ珈琲で使えるポイントが株主優待でもらえることがすごく嬉しいです。

 

日頃からコメダ珈琲を利用する人は株式を保有していた方がお得なので、今後の株式投資を考えているなら検討してみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事