人事異動 拒否することはできる?

どうもこんにちは !

働きたくない!と言い続けて、気づけば毎年のように転職もせず社畜として働いているろんです。

 

突然ですが、会社員として働いていると突然伝えられる「人事異動」を経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

 

慣れ親しんだ支店や部署から別の支店や部署に異動になることもあるでしょうし、会社によっては転居を伴った異動もあると思います。

 

ろん
僕は仕事熱心じゃないので、異動とかそのシステム必要なの?って本気で思ってる・・

 

人事異動されたら拒否してやりたい」って考えている方もいると思いますが、基本的には会社から人事異動を命じられた場合、拒否することはできません。

 

しかし、いくら会社の命令だとしても

  • いきたくない部署に異動したくない
  • 事務職から営業職なんていきたくない
  • 通勤距離が今より遠くなるなんて絶対に嫌

と考える人もいると思います。

 

基本的には人事異動って拒否できないですが、どうせいきたくない部署に異動させられるくらいなら人事異動を拒否したいですよね。

 

今回は記事のタイトルにもあるように「会社員の人事異動を拒否してみた」なので、人事異動を拒否することはできるのか?

 

人事異動を拒否したらどうなるのか?

 

実際の体験談として記事に残しておきたいと思います。

人事異動を命じられて不安一杯になっている方は、人事異動を拒否したらどうなるのか参考にしてみてください。

ろん
実際に異動を命じられた同僚が拒否したので、異動を拒否したらどうなるのかリアルな体験談として紹介していきます!

 

スポンサーリンク

働いている会社のデータ

敵対的買収

異動を拒否する会社は上場企業

今回、異動を命じられた同僚は僕と同じ会社に勤める従業員です。

企業規模としては身バレもあるので上場企業の1つだと紹介させてください。

 

その同僚は特別、お給料が良いわけでも無ければ、総合職でもありません。

 

会社のお給料については不満はあったものの、仕事は真面目にこなしていたのに突然移動を命じられたのです。

 

スポンサーリンク

異動を拒否してみた

テレワークは服を着替えて集中しよう

1異動を命じられたのは3月末

年度末でもある3月末のこと、いつものように仕事をしていた同僚ですが、突然人事の方に呼ばれて異動を命じられます。

 

人事の方とは面談をするという内容で、数日前に同僚にメールが届いていたのですが「なんの面談だろう?」と思いつつ当日を迎えました。

 

この時期に人事に呼ばれるなんて異動でもあるのかな?」っと思いながら応接室に入ると、人事の方が座っていました。

 

そして伝えられる「あなたは5月より〇〇支店に異動になります」と。

 

距離感が伝わりづらいかもしれないが、今働いている職場から異動先の支店は電車で2〜3時間ほどの距離だ。

 

この辺は田舎なので車通勤が当たり前だけど、次の移動先は都会なので車で通勤するという選択肢は無く、電車通勤に切り替わる。

 

これを聞いて「電車3時間なんて全然余裕だよ!」っていう人には心に響かないかもしれないけど、この同僚は田舎でありながら結婚して家も建てて小さな子供もいました。

 

都会に引っ越すわけにもいかず、家族のこともあるので人事にいろいろ質問して聞いてみました。

 

2異動する理由はなんですか?

異動を命じられたら拒否することはできない。

会社員ならそれくらいのことは、何となくわかると思います。

 

同僚も異動を拒否できないとしても、どうして異動するのが自分でなくてはいけないのか。

どうせ異動を断れないならということで、いろいろと質問してみました。

 

まずは、異動する理由についてです。

今回異動を命じられた部署というのは同僚には未経験の職種です。

 

異動する理由について人事の方は「〇〇支店の〇〇という部署の頭数が足りない。今後はもっと増員していきたいから〇〇さんにはぜひ異動して頑張ってもらいたい」というものでした。

 

全く未経験の部署に異動を伝えられたけど、「理由を聞きたい」と聞いてみたところ、人事の方からはこのように伝えられました。

 

3給与や通勤手当などはどうなるの?

残業に無く会社員

異動するにあたって通勤距離も遠くなるし、都会にいくとなると気になるのは給与や通勤手当はどうなるのか?ですよね。

 

その辺についても人事の方に聞いてみると

  • 給与➡︎変わらない
  • 通勤手当➡︎上限を超えて全額支給する

 

まず給与については今のところ変わらないとのことです。

将来的に異動した先で成果を発揮した場合には給与も上げていくが、今年は変わらないとのことでした。

 

 

また、通勤手当は会社ごとに上限◯万円までというのがあると思います。

片道3時間もかけて電車で行くわけですから、お給料が上がらないなら通勤手当はどうなるのか?気になりますよね。

 

通勤手当については全額支給してくれるというもので、電車通勤のための駅に車を止めた場合の駐車料金も特別に支給してくれるというものです。

この辺は、田舎に住んでいるとどうにもならない部分でもあるのでちょっと嬉しい・・部分でもありました。

 

まとめると、給料としては増やせないけど、未経験だけど異動後の部署で頑張れば給料を上げていくつもりだというスタンスのようでした。

 

4拒否した場合はどうなりますか?

職場で感じる パワハラ

最後の質問として、異動を拒否した場合どうなるのか?についても聞いてみました。

人事の方の回答としては「残念ですが自主退職です」というものでした。

 

え?自主退職ってどういうこと?!

って思うかもしれませんが、異動を命じたのに会社の命令に従わないなら退職するしかないよね。ってことみたいです。

 

  • 給料の上がらない未経験の部署に、片道3時間の通勤時間を使って頑張るか

それとも

  • 自主退職して次の仕事を探すかの2択を迫られました。

 

いきなりの人事異動でこの選択ってパンチ力すごいですよね。

僕なら言われた途端に頭が真っ白になると思います。

 

ほどんどの人はこの時点でかなり迷うと思うんですが、当然同僚も「奥さんと相談させてください」と言って数日時間をもらいました。

 

結婚していて家庭もあるとなると自分だけでは決めることも難しいと思うので、ここで数日悩ませてくれるのは優しさかな?っと僕は感じましたが、本人にとっては人生が大きく変わるので大変悩んだと思います。

 

これは酷すぎる異動命令!闘ってみた

1労働基準監督署に相談してみたら

人事異動を命じられた同僚は、突然の異動が酷すぎると思ったので労働基準監督署に相談をしてみました。

 

相談内容としては

  • 異動しても給与は変わらず通勤時間だけが長くなるということ
  • 全く未経験の職種に異動になること
  • 断れば自主退社になること

この辺について相談してみました。

 

特に、同僚が納得がいかないのは「断ったときに自主退社になるのは違法じゃないのか?」という点です。

 

せめて会社都合と言うことであれば、失業手当をもらいながら転職活動ということになるが、自主退社というと話が変わってくるためです。

 

家庭を持っていて生活費を考えると、退職後すぐに失業手当がもらえた方が良いですから。

ろん
同僚は人事の方と何度も面談を重ねて相談をしていました。。

 

労働基準監督署の回答

〇〇さんの人事異動については、酷い方だと思われるが違法では無い。

 

ということでした。

 

理由としては労働者よりも会社側の命令の方が権利が強く、労働者側は拒否することはできないとのこと。

 

上場企業の人事を任されるだけあって、この人事の方は法律上違反しないギリギリのラインで自主退職にもっていくようにしているようでした。

労働基準監督署の人たちもかなり相談に乗ってくれたみたいですが、上場企業ということもあって法律違反になるようなことはしていないし、闘っても自分にとってプラスになることは無いと言われてしまいました。。

ろん
労働基準監督署の方には、闘っても会社には勝てないので時間や労力を費やすなら転職活動をした方が良いですよ。なんて言われてしまいました・・。

 

 

人事異動を拒否するくらいなら転職した方が良さそう

年齢が若いなら転職もしやすい

転職

もしあなたが人事異動に納得が行かず、会社と揉めるくらいなら転職した方が良いです。

 

今回の記事での出来事は、リアルに僕の働く職場で起きたことですが人事異動を拒否して会社と争っても勝ち目はおそらくありません

実は人事異動を拒否しようと考えた人は、会社内で他にも複数人いました。

しかし、どの社員も拒否できないと知り、急いで転職活動に切り替えていました。

 

今は転職エージェントを使うことで、転職活動だけでなくあなたにあった会社を紹介してくれたりするので本気で転職を考えたら採用までのスパンが短いように感じます。

 

僕自身も自主退職することになった同僚と「転職どんな調子なの?」っというように、退職するまで毎日のように話していましたが、今いる会社以上に福利厚生が良かったり給料アップが狙える会社を紹介されているようでした。

 

あなたの年齢にもよりますが、20代30代であれば1ヶ月本気で転職活動をすれば新しい転職先も見つかると思われます。

今まで溜め込んできた有給を使って転職活動をすることで、もしかしたら今より良い職場に出会えるかもしれませんよ。

 

僕も転職サイトはいろいろ調べていた時期があったので20代向けの転職サイトについてはこちらの記事で紹介しています。興味があれば覗いてみてください。
本当にこのままで良いの?20代向け注目の転職サービスを紹介!

資格や経験も無く年齢も高いなら異動に応じるのも有り

挫けそうになる会社員

特に転職で使える資格や経験も無く、年齢も高いという方は異動に応じることも考えましょう。

 

実際に僕の職場でも50代の方が無茶な異動を命じられて、転職するわけにも行かずに異動していった方もいます。

同じ会社でもあるので、たまに電話で話すこともありますが「大変でも転職できる年齢でも無いから頑張るしかない」という方もいます。

 

職種や保有資格にもよると思いますが、同じ業界に転職が難しいと思うなら転職せず異動に応じることも考えた方が良さそうです。

40代くらいなら転職してくる方もいるので、できるなら転職したいですけどね・・。

どうしても難しい場合は異動の命令に従うしかないのかなぁとも思います。

 

まとめ:人事異動は拒否できなかった

退職届

今回は人事異動を命じられた場合に従業員は拒否することはできるのかどうか?

実際に拒否してみた同僚がいてくれたので体験談として紹介させていただきました。

 

会社に規約によっても変わると思いますが、僕の働く会社では人事異動を拒否することはできませんでした。

家庭を持っていて小さい子供もいるという理由も人事の方に相談してみましたが、「それは理由にならない」ということみたいです。

 

同僚は会社と闘い続けるというのも当初は考えていましたが、労働基準監督署の方にも相談をしてみて会社と争ってもプラスになることは無いなと判断したため転職活動を始めていました。

 

数人の異動命令のうち、20代であれば早い方で2週間ほどで内定をいただいていたので、今後の生活のことを考えると会社と争わずに転職の方が利口かなと思います。

 

法律で労働者を守る!なんて言っても、労働者の立場は弱いなと改めて実感しました。

 

もしこの記事を読んでいて会社の人事異動を拒否したいと考えている人は、長期化することも考えて争ってみてください。

 

 

合わせてよく読まれる記事はこちらもどうぞ!

ストレスチェックで高ストレス判定!産業医との面談って何話すの?

始業時間前のラジオ体操を拒否したら注意された!やらずに済む方法教えます。

職場のパソコンでネットサーフィンしてたらバレる?対策はある?

当日になって仕事を休みたい!仕事を休むために使える言い訳を紹介!

有給を使わなかった僕が有給を使うようになった理由!有給は使っていこう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事