YouTube 再生回数増えない

YouTubeに動画を投稿したのに「全然再生されない!」って思っているそこのあなた!

YouTubeを始めたばかりの頃って、動画を投稿しても投稿しても全く再生されないですよね。

 

一生懸命時間を費やして動画編集したのになんで再生してくれないんだ!って怒りたくもなります。

 

YouTubeで動画が再生されるようにするためには、再生されやすくするための動画作りをする必要があります。

 

僕もYouTubeを始めたばかりの頃は、「どうして再生されないんだろう?」っと悩んでいました。

 

ある時、動画がものすごく再生されて5万再生を超えたことがあるんです。

5万再生って有名YouTuberさんからしたら大したことない数字ですが、YouTubeを始めたばかりの人にとってはめちゃくちゃすごいことがわかるはずです。

 

僕は5万再生を超えた一本の動画が生まれたことで、投稿する動画作りは変わり本格的に再生されるための動画を作るように切り替えました。

 

おかげで現在は、チャンネル登録者数も増えて動画投稿したら一日1000回ペースで再生されるチャンネルにまで成長することができました。

 

しかし、YouTubeを始めたばかりの初心者さんを見ると動画投稿をしても100回再生すらされずに悩んでいる人を多く見てきています。

 

そこで今回は、実際に無名の一般人である僕が再生回数を増やすためにしてきたことを紹介していこうと思います。

この記事が参考になる人

  • YouTubeに動画投稿しても再生されなくて困っている
  • 再生回数を増やす方法を知りたい
  • 動画が再生される仕組みを知りたい

 

動画の再生回数を増やしたいと思っている人は、動画の作り方から学ぶ必要があります。

難しいことはなく、再生回数が増える動画作りをちょっと意識することで動画の再生回数も増えるので参考にしてみてくださいね。

 

チャンネル登録を増やす方法はこちらの記事で紹介していますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてくさいね!
YouTube戦略!チャンネル登録者を増やすためにすることを紹介します

 

スポンサーリンク

YouTubeで動画の再生回数が増えない理由

youtube イメージ画像

YouTubeがあなたのチャンネルに価値があるかわからないから

YouTubeに動画投稿を始めて動画の再生回数が増えない一番の理由は、YouTubeがあなたのチャンネルに価値があるかわからないからです。

 

YouTubeは動画投稿を始めたばかりの初心者さんに厳しくて、1本2本動画投稿しただけでは再生されません。

 

もしあなたが有名人だったりSNSで名のしれた人だとしたらSNS経由で再生回数を増やすこともできますが、誰だかわからない人の動画を見る人はいませんよね?

あなたも誰だかわからない人のチャンネルの動画を見るより、有名YouTuberさんの動画を見るはずです。

 

なぜ有名YouTuberさんの動画を見るかと言うと、「きっとこの動画は面白い」と思っているんじゃないですか?

 

レビュー系の動画なら「この人が言うんだから間違いない。動画を見て参考にしよう」とか思いますよね?

 

他の視聴者さんたちも一緒で、人気のYouTuberさんの動画を見る傾向があります。

そしてそのことをYouTube側でもわかっていて、無名のチャンネルの動画はなかなか評価されないため再生回数も増えないのです

 

もし自分の投稿した動画がちっとも再生されなくても、「最初はこんなもんだ・・」と思って動画投稿を続けてくださいね。

ろん
まずは1つのジャンルに絞って10本動画を投稿していくつもりでいくといいよ!それでユーザーの行動を分析できるから!

 

スポンサーリンク

YouTubeで動画が再生される仕組み

経営戦略 分析

YouTubeで動画が再生される仕組みを知っていますか?

上でも紹介しましたが、どこの誰だかわからない無名の人の動画は再生されません。

 

しかし、動画は再生されないけど再生される仕組みを知ることで動画が再生されやすくなります。

動画が再生されるために知っておくこと

あなたの動画は再生されるために動画作りをしていますか?

YouTubeでは動画が再生されるまでの仕組みがあります。

 

YouTubeで動画が再生される仕組み

  • ブラウザ検索⬅︎初期で意識すること
  • YouTube検索⬅︎初期で意識すること
  • 関連動画
  • おすすめ

 

YouTubeで動画が再生されるためには、あなたの動画をユーザーが「ブラウザ検索」するか「YouTube検索」する必要があります。(SNSを使っていない場合)

 

 

例えばユーザーが「海釣り 初心者」とブラウザ検索したとして、動画のタイトルが「海釣り初心者必見!海釣りで注意すること!」なんて書いてあったらとりあえず見てみようと思いますよね。

 

YouTube検索の場合も一緒です。「海釣り 初心者」と検索して、役立ちそうな動画があったからクリックして再生しようと思うのです。

 

もしここで動画のタイトルが「初心者の海釣り 1日目」とか書いてあったら再生しますか?しませんよね?って話です。有名なYouTuberさんならまだしも、無名の人の動画を再生しようとは思いません。

 

動画投稿を始めたばかりの人は、みんなが検索するだろうなーって思うタイトルを付けて、ユーザーが満足する動画を作ります。

ろん
動画が再生されない人はタイトルをもう一度見てみてね。他の人がクリックしたくなるタイトルになっているかな??

 

サムネイルを工夫する

また、動画を視聴してもらうならサムネイルを見てもらいやすくするために工夫することはとっても重要です。

 

上の動画は人気YouTuber「はじめしゃちょー」が昔に投稿していた動画です。

堅苦しい感じではなく普段のように視聴者を笑わせながら動画の作り方を紹介しています。

動画の流れを簡単に紹介すると

  • 底辺YouTuberの動画をはじめしゃちょーが確認
  • 改善点を伝える

実際に人気のYouTuberさんとコラボできるだけでも嬉しいのに、投稿している動画を見て改善点も教えてくれています。

 

で、動画の中で見てほしいのはサムネイルについてです。

サムネイルの作り方

  • タイトルにあったサムネイルを作る
  • 動画の内容を一目ででわかるようなサムネイルにする

YouTubeのサムネイルの作り方は、動画の内容が一目でわかるようなサムネイルを作るのが絶対です。

 

 

NGな例を紹介するとこんな感じです。

YouTube サムネイル NG例1

例えば「釣り日誌1日目」というタイトルでサムネイルが釣りに行った時の海だか川だかわからない写真を使っているようじゃ再生回数は伸びません!

 

こんなサムネイルの動画を見たいと思いますか?

再生回数が10万回とか超えていたら見てもいいですが、100回とかの再生回数の動画を見たりはしないはずです。

 

 

ちなみにこんなのもNGな例です。

YouTube サムネイル NG例2

また、サムネイルに文字を入れて「○月○日海釣り」これも辞めておきましょう。

こんなサムネイルを使っていいのはある程度人気のYouTuberになった人だけです。

 

無名のYouTuberさんであればもっと視聴者さんが見たくなるようなタイトルを付けましょう!

 

僕は釣りの経験が無いですがよく見かけるのは

  • 堤防で釣ってたらまさかの大物が!
  • ダイソーの釣竿で釣って見たらめちゃくちゃ釣れました

こんな感じのサムネイルはよく見かけますし、釣り未経験の僕でもちょっと見てみようかなって思います。

 

もしサムネイルをYouTubeに動画投稿した時の、初期のサムネイルを使っている人は自分でサムネイルを作成して作って見てくださいね。

ろん
サムネイルは他のYouTuberさんの動画一覧を見て参考にするといいよ!サムネイル1つで再生回数も大きく影響するはずだからね!

 

関連動画とおすすめに乗ると再生回数が増えていく

YouTubeの関連動画とトップページのおすすめに自分の動画が乗ると再生回数はかなり増えていく傾向にあります。

 

関連動画はパソコンで動画を見ていて右側にYouTube側で視聴者の履歴から関連する動画を自動で表示してくれるものです。

 

あなたが釣り動画を見ているなら、動画の再生ページの関連動画にはたくさんの釣り動画が表示されているはずです。

ここに表示されると同じように釣り動画を見ている人の目に付きやすくなり、あなたの動画の再生回数も増えていきます。

 

また、おすすめはYouTubeを開いた時のトップページに表示される動画です。

こちらも視聴者の履歴によって変わりますが関連動画以上にたくさんの人の目に触れるため、動画の再生数アップにつながります。

 

動画のジャンルにもよりますが、100回再生くらいしかいってなかった動画が急に1000回とか再生されるようになったらYouTubeの関連動画かおすすめに乗っているかも!と思っていいでしょう。

 

ここまでいくと再生回数も今までと比べ物にならないくらい増えていきますよ^^

ろん
関連動画に乗るためには同じジャンルの動画をいくつも投稿していること!

 

YouTubeで動画の再生回数を増やすには

経営戦略

さて、ここまで「YouTubeで動画の再生回数が増えない理由」と「動画が再生される仕組み」について紹介してきました。

ここからは動画の再生回数をアップするための方法を紹介していきますよ!

YouTubeのアルゴリズムを理解する:覚えることは2つだけ!

YouTubeで動画の再生回数を増やすためには、YouTubeのアルゴリズムを理解しましょう。

 

アルゴリズムって何それ?」って人もいると思いますが、YouTubeで動画の再生回数を伸ばすためのYouTubeの仕組みみたいなものです。

 

アルゴリズムは難しいことはなく、僕が意識している覚えることは2つだけです。

YouTubeで再生回数を増やすために

  • 動画の視聴維持率が高い動画かどうか
  • 高評価やコメントは多いかどうか

YouTubeで動画が再生回数を増やすためには、編集して投稿した動画が価値のある動画かどうかを重視されています。

 

例えば1つ目の視聴維持率に関して言うと、10分の動画を最後までユーザーが見ているのか、それとも途中で離脱して別の動画に移動しているのかどうかをYouTubeは見ています。

 

動画の冒頭だけ見て「この動画は見る価値がないな」と思ったら違う動画に移動することってありますよね?

 

その場合はYouTubeがしっかりユーザーの行動を見ていて、動画の評価をYouTube側で下げてしまいます・・。

そうなると関連動画やおすすめに乗ることも無くなり再生回数も増えません。

 

たくさん動画を投稿しても再生回数の増えない動画を量産することになります。

ろん
動画を見てくれる人の量にもよるけど、この動画のジャンルで僕が一番になる!ってつもりで動画を作っていけば必ず評価してくれるよ!

 

動画の視聴維持率を上げる簡単な方法

動画の視聴維持率を上げる簡単な方法は、動画の冒頭で「この動画を見るとあなたに価値がありますよ」って言うことをアピールすることです。

 

例えばノウハウ系のチャンネルであれば「この動画を見ることであなたの〇〇の悩みは解消されます。」みたいな感じでチャンネルの説明だったり、今回の動画の流れなんかを説明します。

 

もし釣り動画なら大物がヒットした瞬間の映像を動画の最初で移すと視聴者は「え?本当に釣れたの?みてみよ」って思います。

 

僕の今までのやってきた感じだと、動画を見にきた人が一番刺激される映像を最初に持ってくると動画の視聴維持率はグッと上がっているように感じます。

 

YouTubeを始めたばかりの人によくあるのが、大事なシーンを最初で写さずに動画の最後に持ってこようとするんだけど、視聴者はそこまで動画を見てくれません

おそらく半分以上の人は最初の1〜2分で次の動画に移動します。

 

もし見せたいシーンが動画の最後にくるとしても、動画の冒頭で一度映像を映しておくことで視聴維持率をグッと下げることができます。

 

ろん
再生される動画と再生されない動画を見比べてみるといいよ!再生される動画は冒頭で見せたいものがちょっとだけ映ってる!

 

 

動画内で高評価やコメントを促す

動画の中でチャンネル登録を促す人はよく見かけるんですが、高評価やコメント促していますか?

 

YouTubeでは高評価やコメントの多い動画も高く評価される傾向にあるので、動画作りの段階で視聴者にコメントを求める編集をするのも動画の再生回数アップにつながります

 

コメントを促す方法

  • 商品レビュー系➡︎この商品のこんなところが知りたいがあったらコメントください。
  • やってみた系➡︎他にもこんな方法があるよって知ってる方はコメント欄で教えてください。

実際にコメントを視聴者にしてもらうようにするためには、動画内でこんな感じで促します。

 

僕が動画内でよく使うのは、「今までこんな方法で使ってきたけど、もっといい方法を知っている方はコメントで教えてください。」って感じで動画内で言っておきます。

 

そうすると心優しい視聴者さんが教えてくれます。

教えてくれた視聴者さんにコメントを返したら、今度は「視聴者さんに教えてもらった方法を試してみました!』て感じの動画を投稿します。

 

こうすることで動画のネタも困りませんし、視聴者さんもきっと喜びます。

何より視聴者さんとの交流にもなるので、チャンネル登録につながるかもしれません。

 

もし自分の動画にコメントがきたら恋人に返事を送るつもりで丁寧に返信してくださいね!

ろん
たまにこれどうやって返信したらいいの?ってくらい長文でくることもあるけど、頑張って返信しています・・。

 

最終的には再生回数を安定させる!

ここまで再生回数を増やす方法を紹介してきましたが、最終的には動画投稿をしたら再生回数を安定させたいですよね?

できたら僕のように動画投稿したら一晩で1000回くらいは再生されたいと思うはずです。

 

動画の再生回数を安定させるためにはチャンネル登録者を増やすことです。

 

僕の場合は、たまにバズって動画の再生回数が1万回を超えることもありますが、基本的には1000〜3000回くらいで動画が再生されています。

 

1つのジャンルに特化して動画投稿を続けて、そのジャンルの動画を投稿すれば一晩で1000回くらいは再生されるなって言う印象です。

ただし、もし違うジャンルの動画を投稿した場合は100回いくかどうかだったりします・・。

 

これはチャンネル登録をしてくれた人が見たい動画じゃなかったら、登録してくれていても見てくれないのでしょうがないんですが・・。これが現実です。

 

視聴者の見たい動画を作ってファンを増やす➡︎ファンが増えたらその人たちの見たい動画を投稿する

これを繰り返すことで再生回数がアップしていきます。

 

ろん
最終的にはチャンネル登録してくれた人たちが一番再生回数に貢献してくれてると思う!自分のファン作りは大切だよ!

 

 

再生回数を増やすためにしてはいけないこと

ストップ!

YouTube初心者さん同士でのSNSを使った動画見て見て営業

自分の動画が再生されないからと、TwitterやInstagramを使った「こんな動画を投稿しています!」営業をしてくる人がいます。

 

この方法も間違ってはいないんですが、YouTube初心者さん同士で営業しあっても自分のファンになってはくれません・・。

 

おそらく「動画見て見ます!これからよろしくお願いします!」みたいな挨拶だけで、実際に動画を見にきてくれる人は少数でしょう。

 

しかも、釣りのジャンルの動画を投稿しているのに美容系の動画を投稿している人に「動画見てくださーい!」ってDMを送ったところでファンになってくれるわけがありませんよね。。

 

もしもSNSを使って営業を使うなら、同じジャンルの人を相手にするか、YouTubeをしていない一般の人を相手にしましょう。

 

例えば「今日は一日お休みだから釣りに行くぜ」みたいなツイートをしている人に、いいねするとかそのくらいに抑えておきましょう。

ろん
SNSを頑張って再生回数を増やしたいなら、有益な情報を与えるとか相手の見たくなる価値があることを前に出すこと!

 

 

再生回数アップのサービスを使う

YouTube 収益化イメージ

YouTubeでは再生回数を購入することができます・・。

ココナラというサイトで売られているサービスで、「世界中の何万人にあなたの動画を拡散します!』という感じで再生回数を購入できます。

 

僕も購入したことはないですが、実際に再生回数は増えるようです。

 

ただしこのサービスはYouTubeの規約違反です。

再生回数が増えてもあなたのファンになるわけじゃないので、YouTubeのアルゴリズム的にも低評価をもらうことになり結果的にチャンネルの評価も下がってしまいます。

ろん
長期的に見たら自分のファンでもない人が増えたところで再生回数アップにはつながらないよ!本気でYouTubeを続けるなら動画を投稿し続けることの方が大切だと思う!

 

 

YouTubeの動画再生回数を増やす方法:まとめ

YouTube 再生回数増えない

今回はYouTubeの動画再生回数を増やす方法について紹介してきました!

今回の記事をまとめると

  • YouTubeで再生回数が増えない理由はチャンネルの評価が少ないから
  • 再生されるためには再生されるタイトルを付ける
  • 関連動画とおすすめに乗ることを目指す
  • 動画作りは視聴維持率が高くなるように編集する
  • コメントを促して視聴者と交流する
  • チャンネル相互登録など営業はしなくて良い
  • 再生回数アップのサービスは買わなくていい

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

 

投稿した動画が再生されないで伸び悩んでいる人は、自分の投稿した動画のタイトルをもう一度考え直して変更してみるといいでしょう。

 

この動画につけるタイトルはどんなタイトルかな?っと考える癖をつけると、動画のタイトル再生数も変わってきます。

 

特に「釣り日誌1日目」とかいうタイトルをつけている人は、どんな動画なのかわかるようなタイトルにするだけで再生されやすくなります。

 

今回紹介したことを踏まえて試行錯誤して動画投稿を続けることで、あなたの動画はきっと再生されるようになります。

 

ぜひぜひ僕と一緒にチャンネル登録者1000人を目指しましょう!

 

 

このブログでは他にもYouTube初心者さん向けにYouTube攻略記事を紹介しています。

こちらから読むことができるので興味のある方は参考にして見てくださいね!

 

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事