YouTube始める 必要になるアイテム

どうもこんにちは!

YouTubeに動画投稿を本格的に始めてから、約半年で収益化することに成功した、ろんです!

 

今現在もチャンネル登録者数と再生数が伸び続けていて、毎日楽しく動画投稿をしています。

 

さて、最近は皆さん「YouTubeを始めたい」って人が増えてきて僕の身の回りでもYouTubeで収益化したいと言い出す人が増えているように感じます。

 

しかしYouTubeを始めるにあたってどんなものが必要なのか?

スマホ1つで十分だよ!」なんて意見もあるけど、そこんところどうなの?って人もいると思います。

 

僕の最初に投稿した動画はiPhoneで撮影した動画ですが、撮影するなら撮影用のカメラがあった方がいいと思っています。また、動画編集するのもスマホで編集するのではなくパソコンで編集した方が効率よく編集できるので購入するべきと考えています。

 

そこで今回は、YouTubeを始めたいけれどどんなものが必要になるのか知りたい!という人向けにYoutubeを始めるにあたって必要なものについて紹介していきたいと思います!

 

僕のプロフィール

  • 2016年ごろから副業としてブログを始める
  • 2020年なんとなくYouTubeを始める
  • 2021年4月から本格的に動画投稿開始
  • 2021年9月チャンネル収益化達成

 

ろん
僕の簡単なプロフィールはこんな感じだよ!よろしくね!

 

YouTubeに本格的に動画投稿を始めてから毎週2本目標で、動画投稿を続けてYouTubeの収益化条件をクリアし無事に収益化することができました。

 

この記事ではYouTubeで収益化した僕が、YouTube収益化するにあたってどんなものが必要と感じたか紹介していきますのでこれから収益化を考えている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

YouTubeを始めるのに必要なもの

youtube イメージ画像

YouTubeを始めるのに必要だと感じるものは

  • 動画編集できるパソコン
  • 動画撮影するためのカメラ

基本的にはこの2つがあれば、本格的にYouTubeを始めようと考えている人も安心して動画投稿を続けることができます。

 

詳しく紹介していきますね。

 

動画編集用パソコンは必要!Macにするべき?それともWindows?

動画を見てお正月

本格的にYouTubeを始めるのであればパソコンは必須です。

 

個人的にはMac Book Proを使っているのもあってMacをオススメします。

 

Macを勧める理由

  • デザインがかっこいい
  • Windowsと比べると種類が少ないから購入時に迷わなくて済む
  • Mac Book Proならどこでも動画編集ができる
  • 動画編集ソフトFinal Cut Pro Xが使える

 

Apple製品のMacはなんといってもデザインがカッコよく、持ち運ぶだけで「この人仕事できるのかな」と思わせてくれるくらいシンプルでカッコいいデザインです。

 

しかもWindowsパソコンと比べるとMacの種類は少ないため、パソコン選びで迷いません。

Windowsの場合は、どこのメーカーのどのくらいのスペックにするかで悩み出すと、ずーっと悩むことができるくらい種類が多いです。

 

Macならデスクトップ型にするかノート型にするかくらいしか選ばないので、悩んでいる間にパソコンを買って動画編集を始められますよ。

 

また、YouTubeの動画編集をするのにも使える優秀な編集ソフト「Final Cut Pro X」が使えるのもMacを勧める理由です。

 

動画編集をするにあたって編集ソフトは絶対に使うことになります。

 

動画編集ソフトで有名なものと言ったら

  • Adobe premiere➡︎月額支払い
  • Final Cut Pro X➡︎買切り(約4万円)

この2つは動画編集ソフトの中で有名なソフトなると思います。

 

月額数千円を支払い続けるか、一括でFinal Cut Pro Xを買ってずっと使い続けることになります。

 

YouTubeを始めた場合、僕のように半年で収益化できるとは限りませんし、収益化したとしても安定して再生数を稼げるかもわかりません。

僕は月額で支払い続けるのは不安だったのでFinal Cut Pro Xを選びました。

 

Windows PCの場合はAdobe premiereを使うことが、有名YouTuberの中でも当たり前になりつつあります。

しかしFinal Cut Pro XだってYouTube向きな動画編集は十分にこなせます。

 

 

少しでも簡単な操作で効率よく動画編集をしたいと考えているならFinal Cut Pro X一択です。

だから僕はMacをお勧めします。

 

ろん
とはいえ、Macは高いからWindowsパソコンを買いたいって人もいると思う。それはそれで全然良いよ。ただしパソコン代でケチるとダメ。動画編集をこなせるだけのスペックのパソコンを買おう!

 

WindowsパソコンからMac Book Proを始めて使ったときの感想と購入レビュー記事はこちらから読むことができます。
WindowsからMac Book Proへ!!使ってみた感想は?使い心地をレビュー!

 

 

カメラはどんなカメラが必要なの?

商品レビュー系なら一眼カメラ

ミラーレス イラスト

商品レビュー撮影をするなら一眼レフ・ミラーレス一眼がオススメです。

一眼カメラを使うメリット

  • 超高画質な映像を撮影できる
  • 背景にボケを与えて被写体をくっきり映す
  • 日常の映像が映画のように撮影できる
  • Vlogから商品レビューまで幅広く使える

一眼レフカメラやミラーレス一眼は、背景にボケを与えて被写体となる商品をくっきり映すことが得意なカメラです。

 

YouTuberでいうとカズチャンネルのカズさんは一眼カメラを使っています。

ヒカキンさんはビデオカメラですので、二人の動画を比べてみると違いがなんとなくわかるかもしれませんね。

 

人の目までパッチリ見える超高画質と、商品レビュー時に商品を際立たせてくれるボケのある撮影ができます。

 

エントリーモデルで10万円前後からあるので、パソコンと合わせると少し値段は張りますが本気でYouTube目指すならスマホで撮影すれば良いと言う考えは改めましょう。

 

僕もミラーレス一眼のα6400というカメラを使っていますが、スマホじゃ再現できないような映像を撮影できます。なんてことない日常が映画のように撮影できるので、Vlog撮影から商品レビューまで幅広く動画撮影で活躍してくれます。

 

α6400の商品レビューはこちらの記事からどうぞ!
α6400購入レビュー!人気のミラーレス一眼を動画撮影用に購入してみた!

 

やってみた系ならビデオカメラ

ビデオカメライラスト

ビデオカメラを使うメリット

  • 一眼カメラに比べると安い
  • 長時間の撮影に向いている
  • レンズ代などを浮かせられる
  • 本体のマイクも必要十分な録音機能がある

やってみた系の撮影を考えているならビデオカメラが良いでしょう。

 

ビデオカメラは一眼カメラに比べると安く、長時間の撮影に向いているビデオカメラは、料理を作ったり大食いしたりなど長時間の撮影でも熱暴走を起こしにくいので使い勝手が良いはず

 

カメラ本体で3〜4万円くらいから購入することができ、4K撮影対応でも10万円くらいあれば購入できます。

 

一眼カメラと違ってレンズにこだわることもないため、ビデオカメラ本体を購入すればすぐに撮影に取り掛かれるのも魅力の1つです。

 

本体のマイクも音質も良いものが多く、外部マイクを買わなくともそれなりに撮影することができます。

 

僕もYouTubeを始めるにあたって一眼レフを買おうか、ビデオカメラを買おうか迷いました。
やってみた系の撮影はしないということと、長時間の撮影は考えていなかったのでミラーレス一眼を買いましたが、自分自身がどんな撮影をしていくのが考えて検討すると良いでしょう。

 

ろん
シネマティックな映像を撮影することが目的じゃないならビデオカメラで十分だと思う!一眼レフだと10万円以上するのに対し、ビデオカメラなら10万円で撮影がスタートできる

 

アウトドア系ならGoPro

GoPro hero9 開けたばかり

キャンプや釣りのような屋外で撮影することが多いならGoPro一択です。

GoProを使うメリット

  • YouTubeが一番使う超広角撮影ができる
  • コンパクトなサイズ感で持ち運びに困らない
  • アクセサリー類が豊富でいろいろな撮影ができる
  • 防水防塵で頑丈である

GoProはYouTube撮影で一番使うことになる広角レンズを標準で備えているアクションカメラ。

 

手に持って自撮り撮影をしたとしても周りの風景も一緒に撮影できるので、一眼カメラやビデオカメラで撮影できないような映像を撮影できます。

 

GoProの価格は6万円くらいから購入でき、去年のモデルならもっと安く購入できます。

できる限り安く収めたい人は、最近のGoProは進化も凄いので去年のモデルを買っても全然使うことができるでしょう。

 

マッチ箱くらいのGoProなら持ち運びにも困らないため、外で撮影するのにもってこいです。

 

マウントと呼ばれるアクセサリー類を購入することで、車載動画の撮影やバイク乗りのヘルメットに取り付けて撮影することもできます。

 

しかも防水防塵の頑丈さが売りで、雨の日でも撮影できます。

僕も外での撮影があ多かったためGoProを一番最初に購入しましたが、今でも一番使っているカメラです。

 

動画一本分の撮影をするのに2時間くらい撮影することもありますが、スマホのモバイルバッテリーを使って充電しながら撮影できるのも使い勝手の良いカメラと言えるでしょう。

荷物も最小限でお出かけを楽しみつつ撮影できます。

ろん
YouTube撮影ではズーム機能ってほっとんど使わないからGoProの広角レンズがすごく助かるんだよね。強力な手ぶれ補正もあるから持ち歩きながらの撮影にも向いてるよ!

 

GoProを初めて購入したときの開封レビュー記事はこちらから読むことができます。
GoPro Hero9の同梱物は?GoProが届いたので開封レビュー!

 

スポンサーリンク

外部マイクは必要?

自分で話すYouTube動画を作るなら外部マイクは必要

YouTubeを収益化するために

YouTubeに動画投稿をするとき、有名YouTuberのようにカメラに向かって自分が話す動画を作ることを考えているなら外部マイクは購入するべきです。

 

外部マイクを導入するメリット

  • カメラ本体のマイクに比べて高音質で録音できる
  • 屋外の撮影において風切り音を軽減できる
  • 商品の起動音なども自然と拾える

カメラを買ってもカメラに向かってあなた自身が話す動画を作るなら外部マイクは購入するべきでしょう。

 

よくYouTuberの皆さんが「カメラ本体の音質も凄く良い」というレビューをしているのを見かけますが、音質も凄く良いっていうのは昔のカメラに比べたらということをお忘れなく。

 

最近のYouTuberのように音質の良い動画撮影ができるわけではないので、外部マイクくらいが買っておくと声も聴きやすいチャンネルになります。

 

周りも同じようなことを動画の企画ですることを考えると、少しでもクオリティーの高い動画に仕上げる必要があります。

 

再生数に少しでもつなげられるように投資できるところは投資しておきましょう。

ろん
外部マイクなんて要らないと思ってたけど、外での撮影が多い僕のチャンネルでは風切り音対策にモフモフのついた外部マイクを買って風切り音も気にならなくなったよ!

 

ちなみに僕は6000円くらいの外部マイクを購入して撮影していますが、カメラ本体の音質に比べると凄く良いです。風切り音もないし、今まで拾えなかった音も拾えるようになったので満足しています。

 

僕の購入した外部マイクはこちらです!


こちらの記事で商品レビューもしていますので気になる方は参考にしてくださいね。
RODE VideoMicro購入レビュー!α6400の外部マイクが欲しかった!

 

やってみた系なら外部マイクは考えても良いかもしれない

youtube イメージ

やってみた系の動画投稿を考えているなら、外部マイクは考えても良いかもしれません。

結論から言うとマイクはあった方がいいと言うのが僕の本音です。

 

しかし、やってみた系であれば外部マイクなしでもカメラに向かって大きな声で話せるとか、あなたが楽しんでる姿を視聴者は見たいと感じることもあると思います。

 

パソコンを買ってカメラも買って外部マイクも買うとなるとそれなりに出費も重なります。収益化してから外部マイクは検討するでもまぁ良いのかな?とも思っています。

本当はあった方がいいですけどね!

 

GoProは風切り音の多い撮影なら外部マイクも必要

GoPro 風防スポンジで風切り音対策

GoProは車に取り付けたりバイクのヘルメットに取り付けて撮影すると言う人が多いと思います。

外での撮影が多く風切り音が多い場合には外部マイクも購入しましょう。

 

外部マイクがあれば風切り音も大幅に軽減できるので、バイクに乗りながら雑談をしたとしても撮影できます。

 

GoProはマイク性能も良いので風切り音だけを軽減するグッズもあります。

参考記事
GoProの風切り音対策!防風スポンジケースで風切り音は軽減できる?

 

三脚は必要?

ベルボン UT-3AR三脚

部屋でカメラを固定する/撮影する人がいない場合は三脚が必要になる

三脚は必要です!

誰かがカメラを構えて撮影してくれるとかなら良いんですけど、自分一人で撮影することを考えたら三脚は絶対に必要です。

 

特に、一眼カメラとビデオカメラを購入して撮影することを考えたら、カメラ代+三脚代もかかると想定しておきましょう。

 

僕はこちらの三脚を購入しました。値段は9000円くらいです。

 

小型の三脚ですが、自由雲台+アルカスイス互換で撮影の幅は広がります。

三脚の足部分は5段階で高さ調整できるので、部屋の中でも外でもカメラの高さ調整で困ることはありません。

 

購入レビュー記事はこちらから参考にしてみてくださいね。
α6400で使える三脚!ベルボン UT-3AR開封レビュー!

 

 

GoProは撮影する動画に合わせてアクセサリーを選ぶ

GoProは三脚と言っても、手持ち撮影なのかヘルメットなどに取り付けるのかによって三脚の必要性も変わってきます。

 

自分で撮影していくことを考えたら自撮り棒のような三脚を買えばOKです。

 

GoPro公式サイトでトラベルキットが売っているので、資金に余裕があれば購入しても構いませんが、Amazonで単品での購入の方が安く済みます。
GoProと合わせて購入をお勧めするアイテムはこちらの記事で紹介しています。
GoProデビューしたら買いたいアクセサリーグッズ!

 

 

最後に:YouTubeで収益化するためには継続的に動画投稿を続ける

右肩上がり みんなで万歳

今回はYouTubeを始めるにあたって、これからYouTubeを始めるなら買い揃えるべきアイテムを紹介してきました。

YouTube始めるのに必要なもの

  • パソコン➡︎オススメはMac
  • カメラ➡︎自分の撮影スタイルに合わせて選ぶ
  • 三脚➡︎ベルボン UT-3ARがオススメ
  • 外部マイク➡︎カメラに向かって話すなら必要になる

YouTubeを始めるのに必要になるものと僕のオススメはこちらになります。

 

正直言ってスマホ1台で始めたとして、チャンネルが収益化できるまで作業を続けるのは非常に難しいと思います

 

YouTubeが注目を集めた2016年頃であれば、YouTuberの数も少なかったためチャンスもあったかもしれません。

しかし今では、どのジャンルにもある程度人気のYouTuberがいます。

その中で一定レベル動画クオリティーを持って投稿し続けるとなると「カメラ」と「パソコン」くらいは無いと収益化までキツいと思っています。

 

チャンネル収益化になるまでに投稿した動画の数は約50本

自宅にYouTubeスタジオ

僕がチャンネル収益化になるまでに投稿した動画の数は約50本です。

 

最近のスマートフォンは処理能力も高く、カメラ性能にも優れているため撮影から動画編集までスマホ1台でこなしてやる!っていうYouTuberも見かけます。

 

しかし、動画50本分の動画撮影から編集➡︎投稿までをスマホ1台でこなすつもりですか?

 

もしこの時点で

  • ・自分には無理そう・・
  • ・スマホの小さな画面で編集なんてしていられない

って思う人はパソコンだけでも購入しましょう。

 

昔の情報の通りやっていても効率よくチャンネルの収益化に到達するのは非常に難しくなっています。

 

YouTubeを始めるにあたって、Twitterで同じようにYouTuberを目指す人たちをフォローしてきましたがチャンネル登録者数も動画の再生数も増えずに迷走している人たちをたくさん見てきました。

 

動画投稿1ヶ月でそれなりにチャンネル登録者数が増える人もいれば、動画投稿半年ほど続けてもチャンネル登録者が増えない人もいます。

 

少しでも優位に進めるためにできるところから投資だと思って機材を買い揃えるのを検討してみてくださいね。

 

 

合わせて読みたい!

YouTube戦略!チャンネル登録者を増やすためにすることを紹介します

 

 

YouTube戦略!投稿した動画が再生されない!再生回数を増やす方法は?

 

 

YouTube初心者向け!チャンネル相互登録する意味が全くない理由

 

 

YouTube戦略】チャンネル登録者1000人って全体の何%か知ってる?

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事