ブロガーからYouTubeへ

どうもこんにちは!

ろんです。

 

ずっとブログ運営をしてきた僕ですが、実はここ最近YouTubeを始めました

ろんさんYouTubeに進出したんだー」って思ってくれる人が、一体何人いるのかなーってくらい、リアルでもネットでもぼっちな僕ですがYouTubeを始めたのです!

 

このブログでは僕のチャンネルを紹介することは今のところ考えてはいませんが、このブログ用のチャンネルはそのうち作ろうと考えてはいます。

 

きっと他にも「これからYouTube始めたいなー」って人は多いと思います。

でも、みんな「YouTube始めたいなー」ってだけで終わるでしょう?

 

ほとんどの人は行動に移さないのが普通ですからね。

そこで今回は、僕がYouTubeを始めた5つの理由について紹介させてください

 

彩華
YouTube始める人多いからねー!参考にさせてもらうよ♪

ろん
何かを始めるなら理由付けしないと動けないからな!実際にYouTubeを始めた一般人目線の戦略も公開するね!

 

スポンサーリンク

YouTubeを始めた5つの理由

今一番ユーザー数が多いのはYouTubeと思ったから

YouTubeのユーザー数は増えている!

YouTubeのユーザー数ってどのくらいいるか考えたことありますか?

2020年11月のデータによると、全世界で20億人以上いるとされているようです。

しかも、100カ国80の言語に対応していて、毎日10億時間以上再生されているんだそうです。

 

すごいですよね!

 

日本だけでなく全世界のユーザーが利用するってことは、見られる動画も幅広いジャンルがあります。

まだまだ未開拓のジャンルもあると思うので、そこをうまく見つけられたらまだまだ行けるんじゃないか!って思ったのです。

 

ろん
ユーザー数が多いと、どんな動画だって再生されるんだよね。ブログ記事は全く見られないことが多いけど、YouTubeは1本目からたくさん再生されることもある。

彩華
たまにどんな動画投稿してるんだろう?ってみると、一本目から何万再生もされている人もいるもんねー!

 

ブログだけでなくYouTubeの魅力も知ったから

YouTubeの魅力を知った

僕がもともとブログを始めた理由は、情報発信に加えて「好きなことでお金稼ぎたい」ってことがあります。

ブログで稼ぐためには集客と言って、自分のサイトにどれだけのアクセスを集められるかで収益も変わってきます。

 

お金なんて関係ない!」って人もいるかもだけど、どうせなら欲しいもの買うためにもお金欲しいよ・・・。

 

でもね、ブログはどんなに頑張ってもGoogleさんの手の上で遊ばれている感じはあります。

 

この辺はブログ経験者ならなんとなくわかると思います。

どんなにいい記事を書いたって、書いた人が誰かなんて訪問者は知らないし、1記事当てても次の記事でアクセスが取れるとは限らない・・。ブログはお金を稼げても安定させるのは難しそうです。

 

そこへいくと、YouTubeはチャンネル登録者と言って自分のチャンネルのファンを獲得していくシステムです。チャンネル登録者は自分のファンなので、動画を投稿するとある程度の再生数は約束されたようなものです。

よっぽどジャンル違いの動画じゃなければ投稿したその日のうちにたくさん再生されるんですよ。

ブログじゃこんなことはほぼありません・・。

 

ろん
例えばサイトのコメント欄って感謝されることは少ないけど、YouTubeのコメントだと感謝のコメントがめちゃくちゃ多かったりする。動画を作った人に「お疲れ様でした!」って言ってくれるんだよね!

彩華
私以外のファンがろんろんにいるのかぁ・・ボソッ

 

僕自身、動画編集の経験があったから

動画編集の経験があった

実は僕は昔から動画編集の経験がありました。

どのくらい昔っていうとiPhone5が発売した頃から動画編集をしていたんです。

 

動画編集の経験があった僕は、動画編集に興味を持っているけどなかなか始められない他のYouTube初心者さんよりも、らくーにYouTube用の動画編集をすることができました。

 

みんなが動画編集ソフトってどうしよう?

とか

動画編集ってどうするの?

って検索している間に、動画編集をして次々動画を投稿していくことができたんです✌︎('ω'✌︎ )

ろん
YouTubeを始めようと思っている人に一番多いのがコレ。動画編集ソフトって何が良いかなー?って考えている時間が長いと勿体ないよ。どんどん動画投稿していかないと!

彩華
経験ない私からすると、この動画どうやって作るってるのかなんて考えもしないもんねー。いざ動画編集しようと思っても同じように悩んじゃうかも!

 

自分でも動画を作りたいと考えるようになったから

自分の動画を作りたいと考えた

どんなに動画編集経験があっても、YouTube始めたての頃は動画撮影が面倒で、月1本くらいしか動画投稿をしてきませんでした。

 

まぁ最初はこんなもんだろう」っとどこかで自分に言い聞かせて動画を投稿していたんです。

でもそんなある日「ろんさんの動画をいつも楽しく見せていただいています」というようなコメントを頂いたんです。

 

特に視聴者さんのことを意識して作っていなかった僕の動画に、だんだんコメントが付くようになってくると、動画作りがたのしくなってきてね。だんだんと「もっと自分の動画を作りたい!』って考えるようになってきました。

 

今現在YouTubeに動画投稿をしている人に参考程度に紹介すると、動画投稿を始めて7本目で1つの動画再生数が5万回を超えました

 

有名なYouTuberさんの動画では何十万再生が当たり前に感じるけど、無名な人が動画投稿しても100回再生されないこともよくあります。

その中で1つの動画で5万回再生されたことは、僕の中で「YouTubeもいけるかもしれない」っと思った瞬間でした。

 

ろん
コメントが来るなんて最初は思ってなかったけど、毎回動画投稿をしているとだんだんコメントも増えていく。再生数も増えていってそれがすごく嬉しかったよ!

彩華
動画投稿7本目で5万再生ってすごーい!コメントもくれるとやる気出ちゃうね♪

 

 

YouTuberが楽しそうに見えていた

youtubeが楽しそうに見えた

YouTuberって楽しそうですよね。

有名なYouTuberはもちろん、チャンネル登録者数1万人以下のYouTuberもみんな楽しそうに見えていたんです。

 

YouTubeの広告収益は大体0.1円と言われているので、そのチャンネルの再生数に0.1円をかけて計算すると「どのくらいの収益があるなー」ってことはわかります。

 

ヒカキンさんやヒカルさんの再生数を考えると「YouTuber夢ありすぎでしょ!」って思うと思います。

しかし、僕がみていたチャンネルの運営者さんはチャンネル登録者が5000人以下でした。

1動画あたりの再生回数も1000回に届くかどうか・・。

 

広告収入があったとしてもそんなにたくさんもらっている感じではありませんでした。

 

それなのに楽しそうなんですよ。

きっと自分が興味あることだったり好きなことを動画投稿しているからだと思うんですが、顔の表情とか声のトーンがすごく楽しそうに見えたんです。

僕はブログ運営者なので、声のトーンとか顔の表情とか伝えられないですが、動画なら投稿者の雰囲気丸ごと視聴者に伝えられるなーって思うようになりました。

 

それからいろんなチャンネルを見ていたら、YouTubeやってみよう!ってことでチャンネル開設していました。

ろん
会社員として働いているし、ブログもあるから本当に無理のないペースで投稿しているけどね!

彩華
だから私と遊んでくれる時間が減ってきたのかあああああああ!!!!

 

 

スポンサーリンク

YouTubeを始める前に意識したこと

YouTubeを始める前に意識したこと

ライバルの少ないジャンルを選ぶ

僕がYouTubeを始める前に意識したこと1つ目は、ライバルの少ないジャンルを選んだことです。

 

例えばiPhoneでお馴染みApple商品をレビューする有名YouTuberさんがいるとして、無名の僕がApple製品をレビューしても勝てません。

よっぽどApple製品に詳しいとか、面白いトークができるなら別ですが一般人レベルの知識しかない僕が有名YouTuberさんよりも良い動画を出すのは難しいです。

 

Twitterで新人YouTuberさんのツイートを見つけるとよくあるんですが、大体みんな有名YouTuberさんと同じことをしようとします。しかも動画のクオリティーは限りなく低いです。(新人YouTuberの皆さんごめんなさい・・。)

 

最初から動画のクオリティが高い人なんていないので、クオリティが低くても動画投稿をする方がいいとは思っていますよ!

ライバルが多いジャンルで無名のチャンネルが頑張っても再生されません。

よっぽどあなたに魅力がなければチャンネル登録者数が多いチャンネルには勝てません・・。

 

僕はYouTubeを始める前に、自分の続けられそうなジャンル、興味のあるジャンルを書き出しました

あとはそのジャンルのYouTuberがいるか検索して調べて、需要はあるけど動画投稿している人が少ないジャンルで動画投稿を始めました

 

彩華
ライバルの少ないジャンルじゃ再生されるか不安だよー!

ろん
ライバルは少ないけど、ある程度需要はあるってジャンルもあるよ。僕はそこを見つけて投稿したら動画1本目から何千再生ってされるようになったよ!

 

自分が続けられるジャンルかどうか

YouTubeを始めるにあたって、今後同じようなジャンルの動画を投稿するとして自分が続けられるかどうかはとっても大切だと思っています。

 

例えば3ヶ月に一回しか行かない旅行の動画をYouTubeのメインのジャンルとして選んでしまうと、動画投稿できるのは3ヶ月に一度になってしまいます。

前編と後編に分けても動画投稿頻度は限りなく少ないですよね。

 

なので僕は、有名YouTuberのような企画はできなくとも、今後自分で続けることができるジャンルを選びました

 

ライバルが少なくて、自分が続けられるジャンルがあれば、きっとあなたも動画投稿を続けることができればチャンネルは成長していくはずです。

彩華
つい旅行先で動画たくさん撮ってきちゃうけど旅行はダメなのー??

ろん
僕も珍しい場所に行ったから動画にしてみよう!って思ったけど、毎回投稿できるわけじゃないから辞めた・・。自分がこれから何本も投稿できるジャンルにした方が続けられるね!

 

 

動画編集は簡単にできるかどうか

また、動画編集をするにあたって動画の編集は簡単にできるかどうかはとっても重要です。



自分の動画を良いものを作ろうと思って、一本の動画に一日とかかけるよりも、1本の動画を2時間で作れる方が効率が良くなります

 

もしかしたらたくさん時間をかけた方が再生される場合もあるかもしれませんが、基本的には動画の投稿本数を増やした方が動画の登録者数や再生数が増える傾向に感じます

 

実際に僕自身も月一の動画投稿から週1本、週2本と増やしたときの方が視聴者は僕のチャンネルを知る機会も増えて、登録者もどんどん増えていってます。

動画のジャンルによって変わるかもしれないけど、僕は1本の動画編集に2〜3時間でできるレベルに抑えてます

 

多分一本の動画に5時間かけても視聴者さんはそんなに気にしていない・・と思ってたりします。

彩華
動画編集を簡単にできるようにするの?

ろん
視聴者が見たいのは、企画と動画のわかりやすさだと思う!だから無駄なものは省くようにしたよ

 

 

今後はこのブログ用のチャンネルも作るかも?

今回は僕自身がYouTubeを始めた理由と、動画投稿を始めるにあたって意識したことを紹介させていただきました。

 

僕が選んだジャンルはこのブログとは全く無縁のジャンルで、視聴者の層も想像もできない人たちが見てくれています。

続けられて再生数がある程度取れているので今後も続けていく予定です。

 

でも、時間があったら今後はこのブログ用のチャンネルも作ってみたいと考えています。

ブログ運営者のチャンネルってそんなに再生されている人ってなかなかいないので、収益化はできないかもしれませんが。

 

一度動画投稿してみると視聴者の反応も見れるし、商品レビュー系なら全く再生されないこともないと思ってます。

 

もしこのブログ用のチャンネルを開設したときは、こちらで紹介します。

 

YouTubeのチャンネル登録者が増えなくて困っている人はこちらの記事でチャンネル登録者を増やす方法を紹介しています。
YouTube戦略!チャンネル登録者を増やすためにすることを紹介します

【YouTube戦略】チャンネル登録者1000人って全体の何%か知ってる?

 

YouTube戦略!投稿した動画が再生されない!再生回数を増やす方法は?

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事